fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今日もオオムラサキに会いにご近所里山に出掛けました。
谷間の雑木林
クリックして大きな画像を御覧ください。
何時もの谷間の雑木林の入り口にオオムラサキが沢山いるはず??
懐かしい樹液の匂いが漂います。
オオバジャノヒゲがいっぱい
雑木林の林床は、オオバジャノヒゲがいっぱい咲いています。
クヌギの樹液に集まって
こちらは、新しく開店した、オオムラサキ様御用達のクヌギのレストラン。
美味しい樹液が出るのかな?。
辺りを飛んでいるオオムラサキは全て♂だけ。
未だ♀は見つかりません。
オオムラサキ♂の骸
今日は午前と午後二回ご近所フィールドにでましたが、午後にはオオムラサキ♂の骸が多く見つかりました。
オオムラサキの♂達は、♀が羽化するまで一生懸命お互い戦いに明け暮れ、強い♂が選ばれます。
そうやって夏の雑木林の勇者が♀と結ばれ、更に強靭なオオムラサキが生まれるのですよ。
雀なんか追い散らし、小鳥と見紛うような高い梢を飛び、羽音を勃てて雑木林に君臨するオオムラサキ達。
オオクワガタだってカブトムシだって敵いません。
ヤブカンゾウが咲きました
近くの田圃の畦に懐かしいヤブカンゾウも咲き始めました。
いよいよ夏本番がやって来ます。
スポンサーサイト



コメント

オオムラサキ

初めてオオムラサキに接した時!
驚きましたねぇ~
ビューンって黄色っぽいものが目の前を林の方に飛んでいくんですから!
な、なんだろうって思いましたね。
結構大きかったのでチョウとは思いませんでした。
慣れてきましたが、first impression はそのままで変わりません・・・かっこいいね。

Re: オオムラサキ

オオムラサキが目の前を翻って鱗翅を魅せつけて飛ぶ時、蒼い衝撃って云ったらいいのかな。
まさか蝶が羽音を勃てて飛び去るなんて考えもしませんでした。
蝶って優雅にふわふわ飛ぶものって、思ってましたよね。
高いクヌギの梢を渡り、クヌギの樹液が出る幹に押し寄せ、カナブンやオオスズメバチを鱗翅を動かしながら威嚇します。
♀なんて鱗翅を広げたら、雀が負けそう。
オオムラサキって!、当に雑木林の支配者なんです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2023-fa1eb69e


Powered by FC2 Blog