fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


孫の母親(長男の嫁)がオオムラサキを見たいというので、彼女と孫そして嫁の三人でオオムラサキを観察に出掛けました。
場所は何時ものご近所里山です。
我が嫁も長男の嫁も田舎暮らしと云えど、オオムラサキなんて蝶をじっくり見た経験なんて全く無いんです。
孫も歩き始めたので、彼にも色々教えなきゃね。
オオムラサキ飛んでるといいね?
クリックすると、いっちょ前にザックを背負った彼の勇姿がご覧いただけますよ(笑)。
チョットおねむだった処を連れてきたので少々ご機嫌ななめかな?。
それでも頬をかすめたり頭上を飛び交うオオムラサキを目で追っていました。
後ろからごめんね
♀も昨日より大分増えてきた様子、天高く元気なオオムラサキの♂たちが空中戦の真っ最中。
目の前の葉の上に鱗翅全開で止まった処をじっくり観察。
少しブルーの鱗翅が剥げ掛かっていますね。
でも、まだ鱗翅が掛けたりしていないので、きっとまだ大丈夫ですよ。
もう少しゆっくり鑑賞しようと思い、体を近づけた途端、梢高く飛んでっちゃいました。
さて、来年からは我が孫も一人前のフィールドワーカーに養成しますよ。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
歩きはじめて色々なことに興味津々なんでしょうね。
すごく贅沢な経験ですよね。

楽しそうです

お孫さんより爺様の方が楽しそうに見えますね。

オオムラサキ、今年はまだ見ていないんですよ。
来ているらしいのに会えないよ。
でも、今日超レアモノを見つけたので嬉しい一日になりました。

Re: あかちん さんへ

この子の父親達(私の子供たち)にも色々教えましたが、それがうまくいったと言えないのが辛い所。
だから孫には、その反省の意味も込めて、もう一度しっかりした自然環境教育を施したいと思っています。
幸いにも、環境教育のためのフィールドに近く、いつでも思い立ったら出掛けられるのは、素晴らしいことなんでしょうね。

Re: 楽しそうです

見上げるだけで頭上をかすめてゆく、オオムラサキの雄達。
そんな雄を尻目に悠々とクヌギの蜜を吸うオオムラサキの大きな雌達。
私の体で一休みするオオムラサキの雄達は、既に鱗翅がボロボロでした。
それでも己の遺伝子を後世に伝える為、そしてオオムラサキの繁栄を夢見てる
雄達に感動を覚えます。
そんな生き物として皆が頑張ってるって事を孫に伝えたいのですが、まだまだ時間が掛かりそうですね。
やっと一歳が過ぎ、歩くことが楽しくて仕方がない様子。
私の自然観なども、ゆっくり色々伝えてゆきたいと思っています。

楽しみですね!

こんばんは。
ナチュラリストの成長が楽しみですね!
オオムラサキのいる雑木林、良い林ですね。
こんな林はどんどん消えつつありますね。

Re: 楽しみですね!

拙宅がある山梨県甲斐市一帯里山の雑木林周辺では、オオムラサキが近年に無く大量に羽化しました。
今朝も拙宅までやって来ました。
ここは一番近い雑木林からも直線距離で300メートル以上離れているはずなのですが、凄いです。
20年ほど前にも一度拙宅に迷い込んだ事がありましたが、それ以来の珍事です。
オオムラサキを条例により保護している北杜市では、今年のオオムラサキは少ないとのこと。
確かに拙宅の北部には雑木林が多く残っています。
新しい道路建設など、開発工事も盛んに行われていて、来年もオオムラサキを沢山見ることができるのか、心配は尽きません。
我が孫の自然教育が終わるまで、豊かな里山が残っていることを切に願っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2030-30b6a930


Powered by FC2 Blog