fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


オオムラサキにばかり気を取られ、ここ数年この時期に咲くヤマホトトギスを忘れておりました。
お友達のブログで、その花の存在を思い出した次第。
そこで、オオムラサキと嫁の眼を秤に掛け、何とかヤマホトトギスを愛でる時間を作り実行しましたよ。
場所は、カタクリを観察する韮崎市の谷戸。
谷戸の奥に大国主尊を祭った社の石段付近。
此処で咲くのは、ヤマホトトギス、そして時期をずらしたヤマジノホトトギス。
今がヤマホトトギスの盛りなんでしょうが、30年ほど前に比べると、大分少なくなりました。
でも、始めてこの花を見た方は、それなりにびっくりするでしょうか
中国製の焼き物に似たような形をしている一度見たら忘れられない独特の花。
花芯から伸びた雄蕊の先っぽの可愛らしさ。
ヤマホトトギスが咲きました
ね、凄く可愛らしい花でしょ。
いつも湿ってる谷戸独特のユリ科植物。
今年も里山の谷戸に夏を告げる、小さな妖精たちの時間が始まりました。
充分ヤマホトトギスを堪能したら、やっぱりオオムラサキが気になっちゃいますよね。
ご近所の雑木林近く細い道路。
オオムラサキ達が少々お疲れモードでしたが、飛翔中。
オオムラサキの♀
こちらは♀のオオムラサキ。
♂より一周りは大きいですね。
少し鱗翅もくたびれちゃいました。
色あせてボロボロだけど立派な♂だよ、
凄く色あせちゃったけど立派なオオムラサキ♂の戦士です。
戦いに明け暮れ、鱗翅は見る影もなくボロボロ。
でも彼は後悔なんて絶対しない。
この後、元気に??樹液が迸るクヌギに向かって行きましたからね。
己の遺伝子を後世に伝えるって、大事な使命があるんですから。
スポンサーサイト



コメント

もう咲く時期!

おはようございます。
ヤマホトトギスがもう咲く時期なのですね。
愛らしい姿が見え始めると、秋も遠くないな~なんて先走ってしまいます!

Re: もう咲く時期!

ヤマホトトギスは、キキョウと同じように秋の花にされています。
今キキョウも咲いていますから、やっぱり秋も遠くないでしょう。
立秋も8月7日頃ですから、秋もそこまで来ています。
盂蘭盆の頃、高原にマツムシソウが咲き始め、秋の足音が聴こえます。

ヤマホトトギス

あっという間に咲き始めましたね。
少し時期的には遅いような気もしますから、次のヤマジノホトトギスはいつ頃になるかしら・・・

オオムラサキは今年はまだ見ていないんですよ。
ビューンと飛んでいるのを見かけたことはあるんですが・・・

Re: ヤマホトトギス

ヤマホトトギス、この花に一番似合うのは、暑い夏の日の昼下がり、蝉しぐれの中にそっと現れる黄色を帯びた反り返った雄芯の先端。
なんかやばそうな言い回しと云うか比喩ですが、ご勘弁くださいね。
やっぱり、ヤマホトトギスの思い出はそんな暑い日ですよね。
現れる昆虫は、オオムラサキじゃなくて、クロイトトンボが定番でしょう。
当地のオオムラサキは、完全に来年に向けた活動中です。
雌雄ボロボロに成っちゃった鱗翅を携え、後世のために活動中。
来年又、素晴らしい姿を見たいから、君達の子孫達に全ての力を伝えてね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2038-4b72a526


Powered by FC2 Blog