プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


略称「エコカー補助金制度」が終わるそうで、各メーカーさん、こぞってその分値引きをするらしいですね。
これって、なんか変だと思うんだけど、つまりワザワザ損をしてクルマを売る理由が無いってこと。
つまり、エコカー補助金がある間は、その分余計に儲かってたって事。
そもそも、いくらエコカーと云えど、所詮自動車なのでそれなりにガソリン等エネルギーを消費します。
又、その製造過程でも大量にエネルギーを消費するんですよね。
だったら、ワザワザ新しいクルマに買い換えずとも、修理すりゃ充分に使えるんですけどね。
そのためには、こまめな点検が不可欠ですし、その分整備工場にもお金が落ちる仕組み。
新しい自動車は調子がいいでしょうが、古くたって、愛着のあるものは手放したくありませんよ。
新しいエコカーなんてホザイテも、皆おんなじプ◯ウ◯が走ってる光景はお笑い物。
そんなにエコに拘るなら、軽自動車のほうが遥かに省エネ(ライフサイクル・アセスメントの観点から考える)の筈。
更に省エネ??に拘るなら、自転車に乗りましょうよ。
勿論某国製のホームセンターで売ってる◯物じゃなくて、自転車屋さんで国産の自転車を買ってね。
エコカー補助金って、ワザワザ高いクルマを買わせるための、自動車業界保護の方策だと思うと腹が立つ。
腹が立つ話は又後にして、今夜のBGMはブルーノ・ワルター指揮でコロンビア交響楽団。
曲目は、勿論ブラームス!。
ブラームスの田園とも云われている、交響曲第二番ニ長調作品73
ブラームスの田園???
クリックして、レコードジャケットを御覧ください。
米オデッセイの廉価版レコードですが、いい味出してますよ。
当時、CBSソニーの国内盤は2,000円以上、こちらオデッセイ盤なら1,500円でした。
当時アメリカ盤は毛嫌いされていましたが、私的には元気があって好きでした(笑)。
一楽章の低弦で奏される第二主題?が好きです。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
自動車は自動車製造会社だけでなく、様々な関連部品の会社が潤うそうです。だから新車じゃなくてはいけない。今までやってきた無駄な公共事業と一緒です。官僚主導の自民、民主政権に投票した有権者の責任と言ってしまえばそうです。次の選挙は大変重要な投票になると思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: あかちん さんへ

専門家のご意見、とても参考になりました。
きちんと整備した自動車を使うユーザーを優遇するような税制にするのはいかがでしょうか。
使い捨ての車社会を終わらせなきゃなりません。

軽自動車さんせーいっ!!
ついでに軽のハイブリットでないかなぁ 
これ、最強だと思うんだけれど・・・

ぶら2、いいわねぇ♪
レコードで聴いてるってのもGOODだわぁ☆

ぶら・・・わたくしおブラが使えない体になっちゃっているのぉ
ぶらむすさんは好きなのに(笑)

Re: 鍵コメさんへ

エコカー減税とか、優遇税制とか、あくまで新車や新製品を買わせて、製造業を支援しようと云った処遇。
そんなことに予算を使うより、福島の子供さん達を疎開させる方がより理にかなっています。

良いコメントを頂きありがとうございました。

Re: 麗しき、きまぐれひめさま へ

軽自動車も、ゴテゴテした装飾や普通車並の装備なんかヤメちゃって、本来の走る・止まる、に特化したものにすべきだと思います。
より軽く、ドアは2枚で充分。
二人乗りだって良いじゃない。
ハイブリッド化よりもシンプルイズベストを考えたいなぁ。
その分安くできるもんね。
但し、長く使えるようにしなきゃ承知しないからね。
ぶらの話は突っ込まないよ、せくはらになっちまう??かな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2097-96c45622


Powered by FC2 Blog