fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


アンダンテ・カンタービレ(歌うようにゆるやかに)、今朝久しぶりに車の中で聴いた曲。
音楽CDをメディアプレーヤー形式に圧縮後、CDロムに焼きこんであるので、モーツアルトのピアノソナタ全集を入れてもまだ大分余っちゃう。
そこで、シューマンの室内楽やボロディンのSQ、バルトークのビオラ協奏曲、そしてチャイコフスキーのSQまで、入っちゃった。
いつもモーツアルトのピアノソナタを聴き終わった処で戻しちゃうから、後の曲は余り聴いていませんでした。
というより、忘れてたってのが正解。
聞き覚えのあるアンダンテ・カンタービレの旋律。
あゝ、チャイコフスキーのSQ全集も録音してたんだって思い出した次第。
もう、ご機嫌でノンビリゆっくり走ってました。
後ろの車は大迷惑(笑)でも制限速度いっぱいだからね。
今夜の一曲目、やっぱりチャイコフスキーの作品11、この第二楽章冒頭が、有名な『アンダンテ・カンタービレ』と指示がある部分。
第一楽章から第4楽章まで全楽章纏めて、もう滅茶苦茶唄ってる。
手持ちのCDは、ボロディン四重奏団の二枚組CD
ちゃいこのSQ全集
そして、チャイコン!
千住真理子様独奏、デヴィッド・シャローン指揮ウィン響。
手持ちのチャイコンの中でも極めつけ唄ってる。
マリちゃんのメンコン・チャイコン
やっぱし、チャイコフスキー、好きです!。
スポンサーサイト



コメント

カンタービレ♪

カンタービレと聞くと思わず反応してしてまうわぁ♪
アンダンテ・カンタービレぢゃないけれど
アダージョ・カンタービレの名曲はやっぱり
ベトベンのピアソナ悲愴第二楽章だわぁ
これが弾きたくてピアノ始めたのよぉ
弾けたら気が抜けて次のステップに上がれなくなっちゃった(笑)

チャイコンはたしか諏訪内晶子さまで持っていたような気がするわぁ
発掘して聴いてみよ♪

いつも素敵な音楽を紹介してくださってありがとうなの♪

ぶらネタ、いつか記事にするわ~ 突っ込んでねぇ☆

Re: カンタービレ♪

べとべんの作品13の第二楽章…余りにポピューラーになりすぎて…だれもべとべんと気づかない(笑)。
「歌うように」って楽しんで歌うんですよね。
この楽章だけ聴いてると、なんでこれが悲愴???って思っちゃう。
「上を目指す」必要が無きゃ、ここで楽しんでりゃ間違いなし!って。
チャイコンの諏訪内様、絶対ガラコンサートのライブがお薦め。
アシュケナージ様との、文字通りメンコン・チャイコンは、普通の演奏って感じでつまらんです。
それに比べ、1990年のチャイコフスキーコンクールピアノ部門優勝者ガラコンサート・ライブ涙が溢れるほど好きです!。
荒削りかも知れないけど、批判もあるだろうけど、私は大好き。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2098-dbd58a11


Powered by FC2 Blog