プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


ビールについて能書きと薀蓄を並べ、ご法度の飲酒を正当化しようとしている魂胆が見え見えなんですが、皆様に褒めて頂き恐縮です。
ついでに簡単なお酒に付いてのお話です。
今は、殆どのご家庭に電気冷蔵庫があるためか、通常ビール類は纏めて箱買いなさることがおおい事と思います。
昨今なんでも価格破壊などと言われ、少しでも安い商品を求める消費行動が盛んです。
相当古い話になりますが、今まで街角の小さな酒販店で販売されていた酒類が、ディスカウント酒販店の登場により、打撃を受け廃業に追い込まれた店がたくさんありました。
当時の私達の考え方は、お酒は瓶に入っていて重い。
だから酒屋さんに配達してもらうんだよ。
これは某TVアニメに登場する『三河屋さん』の三郎さんのような御用聞きがいた頃、昭和40年第までのお話でした。
しかし、お客さんは少しでも安い商品をもとめディスカウント店は大流行。
お酒の配達をしなくても済むようになってしまったからです。
清酒は紙パックが、ビール類は缶入りが、甲類の焼酎だってペットボトル入りが殆んど。
瓶ビールのケース買いは、重くて大変ですが、缶ビールのケース買いなら、自転車の荷台でも運べますからね。
電気冷蔵庫が一般に普及していなかった頃、ビール好きな皆さんは、酒屋さんから冷えた瓶入りビールを買ってきて、王冠の頭をおまじないのように栓抜きで軽くコンコンと叩いて栓を空けました。
ビールをグラスに注ぐとシュワーッと泡とともに、ホップの爽やかな香りがしたものです。
それがどうでしょう、今じゃ栓抜きも要らない缶入りビール類(ビールと特定できない悲しさが判りますか)、グラスに注いでも昔のあの感動がありません。
ここまで読んで頂いた皆さんへのお礼として、どのくらい「ビール類」の税金に開きがあるか、ご説明します。
私は偏見に基づき缶ビールが嫌いなので(笑)、ビールの大瓶(633ミリリットル)で換算します。

ビールの場合:132.96円 (1キロリットル辺り220,000円の酒税)  
一番安い安い発泡酒:84.98円 (1キロリットル辺り134,250円の酒税)
第三のビール(リキュール):50.64円 (1キロリットル辺り80,000円の酒税)
付録として、主な酒税についての表を画像にしました。
見難いかもしれませんが御覧ください。
酒税率一覧表
クリックして頂くと大きくなって見やすくなります。
大瓶のビール337円の内132.96円が酒税金です。
つまり約半分は税金だってこと。
この税金の違いが価格の違いになります。
もちろん原料単価もそれなりでしょうけどね。
スポンサーサイト

コメント

なるほど

そういう事だったんですね。
昨日のハートランドビール、私も好きなので
次回から、これを購入してリターナルで行こうかなと思いました。

そうゆう事なら。
消費税も払って、酒税も払って。
私も立派な日本国民ですわ。
ただの酔っ払いではないのだ^^;

Re: なるほど

ご近所スーパーでは、500mlが270円で販売されておりまして、瓶を返すと5円返金されるため中身は実質265円です。
一応プレミアムビールの区分に属しますから、とてもリーズナブルなビールと申せましょう。くて
難点は、取扱店がすくないことですね。
現在の消費動向において、この事は一番の弱点となります。

Re: 酒飲みは立派な国民なんです。

おっしゃるとおり、酒税も払って、その酒税分にも課税されるであろう消費税も払っているんですね。
酒飲みのヨッパライは、立派な国民です。
隠れるようにこそこそしないで、大きな赤い顔で、お酒を楽しみましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2111-30b01b1b


Powered by FC2 Blog