プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


根性を入れて、ハイドンの交響曲を聴こうと思います。
演奏はアダム・フィッシャー指揮、アウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団。
先ず、今夜は2枚目のCD、第6番、7番、8番が収録されています。
その順番に朝、昼、晩と表題が付いています。
ハイドン朝昼晩の表
クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
ハイドン朝昼晩の裏
この三部作?の表題はハイドン自身が名付けたそうですが、ご主人様のエステルハージ公がその朝昼晩を音楽で表現するのはどうだろうかと提示されたそうな。
イメージ的には、バイオリン、フルート、コントラバス等がソロパートを奏で、合奏協奏曲風にも感じます。
比較的小編成のためか、独奏楽器の音色が心地よく感じます。
特に独奏バイオリンの音色が良いですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2141-b5c143db


Powered by FC2 Blog