プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


アダム・フィッシャー指揮、アウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団が演奏する、ヨーゼフ・ハイドンの交響曲全集からその3枚目、交響曲第9番ハ長調から第12番ホ長調までを収録。
ハイドン交響曲3枚目表
クリックすると大きな画像をご覧いただけます。
ハイドン交響曲3枚目裏
何と言っても弦楽合奏の美しさ、それに尽きるこれらの交響曲。
交響曲と聞くと、べとべんのようにジャジャーンなんて思っちゃうけど、この美しさは比べ物になりません。
第11番変ホ長調第一楽章アダージョ・カンタービレ、文字通り「ゆるやかに歌うように音を続けて」こんな曲を聴きながら、のんびり午後の一時を過ごすなんて最高!。
さすがエステルハージ公、良い職人をお雇いですね。
同曲第3楽章メヌエット&トリオ、独奏バイオリンが優しく唄います。
第4楽章フィナーレ・プレスト、急速に・・・・。
この一枚のCDで、一番のお気に入りは、やっぱりこの11番変ホ長調Hob.Ⅰ.11ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2163-4a75137b


Powered by FC2 Blog