プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今夜もアダム・フィッシャー指揮、アウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団が演奏するハイドンの交響曲全集から4枚目。
交響曲13番ニ長調、14番イ長調、15番ニ長調、16番嬰ロ長調の4つの交響曲を収録。
ハイドン4枚目表
クリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。
ハイドン4枚目裏
13番辺りになると、編成も大きくなりますね。
特に第二楽章では、チェロがソロパートを受け持っていますし、第三楽章ではフルートの独奏が入っています。
どの交響曲も素晴らしいのですが、お気に入りは第13番ですね。
そんなハイドンの交響曲を聴きながら味わうのは、もちろん珈琲。
昨日焙煎した、タンザニア・エーデルワイスです。
タンザニア・エーデルワイス
235℃、18分の焙煎で、シティ・ローストを目指しました。
タンザニア・エーデルワイスの味
贅沢に少し濃い目に入れた味は、酸味・苦味のバランスが良く、ほのかにナッツフレーバーが漂い、苦味の後に気持ちだけ甘みを感じます。
凄く贅沢な一時ですが、せめて一時、勤務先のISO14001の内部監査や、トチ狂った自販機の御守りで疲れた心と身体を労っています(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2167-47174c78


Powered by FC2 Blog