fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


朝は初雪が降り、その後風も強く吹き西の山々は、雪模様のようでした。
山は雪?
クリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。
嫁が土日ママさんバレーの県外遠征に出かけている事を幸いに、朝から珈琲豆の焙煎ですよ。
コロンビア・ポパヤン
第一ラウンドは、コロンビア・ポパヤン・スプレモを200グラム、235℃で17分間焙煎しました。
ほぼ、ミディアム・ロースト程度でしょうね。
キリマンジェロ・キボー・AA
第二ラウンドは、キリマンジェロ・キボー・AAを同じ条件で焙煎です。
仕上がり具合も大体同じような塩梅。
その後、ゆっくり昨夜の続き、アダム・フィッシャー指揮、アウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団が演奏するハイドンの交響曲全集から、その8枚目をご機嫌でコーヒーカップ片手に聴いていると、何か忘れてるような気がします。
『拡張型心筋症の月一の定期受診は、確か来週だよな?』と手帳を調べてビックリ!!!!。
「やべぇ、今日だった」と慌てて循環器科クリニックに連絡すると、すぐ来るようにと言われました。
コーヒータイムもそこそこにクリニックに駆けつけたのは言うまでもありません。
PT・INR値は2.3、血圧は118ー78hgと管理範囲内。
少し浮腫みが有ることを主治医に告げ、それを確認してもらいました。
間もなく人間ドックを受診するので、その時まで様子をみたいと云った意見でした。
なんとか昼過ぎには、ご近所まで帰って来ましたが折角なので、葉が落ちた里山の風情を楽しもうと何時もの谷間を彷徨。
目的は、ウスタビガの繭とウバユリのドライフラワー。
雑木林の葉が落ちた、この季節の楽しみなんですよ。
あわよくば、前回見つけ残った赤く熟れたマムシグサの実も見つかるかもしれません。
雑木林の緑色
谷間の入り口で、もう緑色に輝くウスタビガの繭を発見。
すると、落ち葉の上に落ちていたり、枯れ枝にぶら下がっていたりする繭が沢山目に付きました。
例年こんなに簡単に見つからないのですが、凄いですね。
一番綺麗なウスタビガの繭
こちら今日出会った中でも、一番綺麗な緑色の宝物。
冬枯れの雑木林
葉をすっかり落とした谷間の木々、少し寒々としています。
ドライフラワーは、いかがですか
ウバユリのドライフラワーも幾つかみつけ、これが一番のお気に入り。
やっぱり赤いマムシグサの実は見つかりませんでしたけど、その他は目論見通りで大満足な昼下がり。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

ウチのフィールドも今年はウスタビガの緑色の繭がたくさん
ぶらさがってますよー♪
今年は当たり年?ですかねぇ???

Re: こんばんは。

今年の夏、オオムラサキも驚くほど多く舞っていました。
私も今年は、鱗翅目の当たり年じゃないかと思っております。

ウスタビガ

本当にきれいなウスタビガの繭ですね。
これを見つけた時の喜び、分かるような気がします。
ウバユリもきれいにドライフラワーになっていますね。
初冬の楽しみでしょうか?
お身体大事になさって下さい。

Re: ウスタビガ

兎に角、今年はウスタビガの繭が簡単に見つかるのですよ。
適当に梢を探すと、そこや、あっち、にぶら下がっています。
緑色の宝物、今年は大盤振る舞いです。
他の地方でも同じような事が有ると云った連絡もありますよね。
オオムラサキの大量発生もさることながら、やっぱり今年は鱗翅目の当たり年でしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2178-0d2a7b58


Powered by FC2 Blog