fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


雪の中で絶命しそうになった経験もありますが、やはり冬の白い贈り物を見ると血が騒ぐのを感じます。
今夜は職場の忘年会、不安がる同僚たちを尻目に雪を食むタイヤの感触に我を忘れがちになります。
我が相棒、AZオフロードも久しぶりに4WDポジションにギアが入り、御機嫌な様子。
勿論、車間距離を保ち安全運転で走ります。
今夜の雪
明日が仕事納めなので、明朝の通勤が楽しくなります。
勿論やっぱり安全運転ですけどね。
孫がいる歳になっても雪を見ると血が騒ぎ、もう体力的にも劣るというのに昔の事が懐かしく思い出されます。
スポンサーサイト



コメント

雪が降る

こんにちは

> 雪の中で絶命しそうになった経験もありますが
それは怖いですね。
でもおっしゃるように「雪が降ると血が騒ぐ」って感じ分かります。
私は瀬戸内海の生まれですので雪は余り降りませんでした。
その分、雪は魅力的でした。
余り降られると困りますが、一年に一度は雪景色を見たいです。

Re: 雪が降る

過信は禁物ですが、雪道運転では、ある程度度胸が必要だと思います。
当地では真冬余り雪が降りません。
特に大雪が降るのは、春になった証拠。
今年は天候が安定せず、寒いけれどまだ本物のふゆじゃない様な気がします。

ステキなお言葉。

さすがですね~。
私は、雪を見て血が騒ぐのはわずかな時間で
直ぐにビビり始めます。歩きでも運転でも。
最近ではゲレンデでも(涙)
ワクワク感<滑って危険、になってしまいました。
山だけに降ってくれればいいのに、と良く思います。

Re: ステキなお言葉。

私も昔はそうでした。
天候が急変する瞬間、厳寒期の冬山は美しく微笑みます。
それを見たいがために八ヶ岳川俣川東沢に入り目的を果たした後、谷に滑落し右膝蓋骨他数カ所を骨折したにも関わらず、辛うじて自力で生還した経験があります。
半年以上療養生活が続きました。
その後も何度か同様な事があり、次第に臆病になったようです。
今では、時速40キロで車を運転し、天候によりライトオンで走ります。
雪道走行も余裕を持って走ることを心掛けています。
でも雪を見ると、あの日赤岳の美しい微笑みを思い出し、血が騒ぐのですよ。
その後、谷底から動かぬ右足を引きずって、やっと生還できたくせにね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2198-34443797


Powered by FC2 Blog