プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


阿寒湖温泉に一泊、お宿は豪華な「あかん湖鶴雅リゾートスパ 鶴雅ウィングス」リゾートスパと銘打つだけあり、温泉施設としては凄く充実しているようです。
大浴場も2つ程有るようですが、結局時間がなくて、片方の大浴場に二度(各1時間半程)浸かっただけでした。
長湯が好きなので、じっくり温めのお湯に浸かります。
そうそう、国際ツルセンターのホームページに『ホームページを見ました』と受付に言うと、記念品を貰えると有りましたので、早速実行してみました。
私以外そんな野暮な事を言う人間は居ないようで、特に記念品の用意は無かったようです(笑)。
帰るまでに記念品を用意してくれるとの話でしたが、こんな可愛らしいキーホルダーをいただきました。
ホームページ見たよ
クリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
下の雪だるま君が、湖畔を見渡す朝食のテーブルから見えました。
夕食も朝食もバイキング形式で、両方共しっかり食べて、北海道道東の旅の後半です。
ホテルのビュッフェより阿寒湖を望む
先ず、何もかも深い雪に閉ざされた小清水原生花園のビジターセンターでビデオを見せてもらった後、藻琴の網走原生牧場観光センターでジンギスカンの昼食。
食後は、濤沸湖の白鳥公園で白鳥達を探しました。
近年の鳥インフルエンザ騒動で、給餌を止めてしまったため、余り白鳥が寄り付かなくなったそうですが、何羽か白鳥も飛来していました。
濤沸湖の白鳥
この後は、この旅行最大のイベントたる、砕氷観光船『オーロラ号』で流氷の海を堪能します。
流氷原

オーロラ号流氷を割って
風向きの影響で流氷が消えたり戻ったりするそうですが、丁度網走港のすぐ近くまで流れて来たそうで、出航して直ぐに氷原を走るオーロラ号。
厚い氷を船体を持ち上げるようにして割って行くパフォーマンスなんか在ったりして充分に楽しむことが出来た次第。
その後、網走定番の監獄の前まで雪中のお散歩を楽しんだりして、女満別空港から帰途に付きました。
二日目も一日晴れて雪が眩しかったですね。
ミラーグラスを用意しておいて大正解でした。
帰途では、ヤバそうな物は全て最初から荷物室送りで問題なし。
トレッキングシューズは、金属の金具が大量に入っておりますから、スリッパに履き替え搭乗手続きはバッチリ。
羽田から勤務先まで首都高、中央道の渋滞もなく勤務先に23:00前に到着。
お陰様で、日付が変わらぬ内に帰宅できました。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!


鶴雅は、有名な温泉です。
私も何回か泊まった事ありますが、
何時も満足して帰って来ますよ。
ジンギスカンは美味しかったですか?
オーロラ号も楽しむ事が出来て良かったですネ!
今度は、是非十勝にいらして下さいませ♪

砕氷船

こんばんは。
砕氷船の体験、面白そうですね。
今の時期にしか出来ない事、良い社員旅行ですね!!

Re: こんばんは!

kiyumiさん、いつもコメントありがとうございます。
一泊二日の社員旅行ですので、行動出来る範囲は限られてしまいます。
それでも、今回3回めの北海道なのですよ。
最初は、小樽や富良野、二回目は知床、今回三回目は、釧路から網走方面でした。
いつか十勝にもお邪魔したいですね。

Re: 砕氷船

yokoblueplanetさん、コメントありがとうございます。
確かに流氷の海を進む砕氷船ツアーなんて、今の時期じゃなきゃできません。
寒い季節は寒い土地に、暑い季節は暑い土地に観光に行くのがイチバン楽しいそうです。
だけど寒さは半端じゃありませんでした。
当地も盆地ゆえ、最低気温はマイナス10℃程まで低下することはありますが、日較差が大きいので日中はプラス10℃程になることもあります。
したがって真冬日は殆ど経験したことが無いのです。
やっぱり暖かな旅行がしたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2245-b90183ef


Powered by FC2 Blog