プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


久しぶりにブラームスの2番のシンフォニーを聴いております。
モノーラルのライブ録音ですが、フルトベングラー指揮ウイーンフィルの演奏(ベルリン・フィル?かも)
による1952年の演奏です。
フルトベングラーのボックス・セットの中の一枚。
話は替わり、今週末23日は北杜市で『子ども環境フェスタ2013in北杜』、翌24日は甲府市のボランティアNPOセンターで『子どもの広場』が開催されます。
いずれの催しにも環境カウンセラー協会の看板を背負って私も参加いたします。
今年のテーマは、バーチャルウォーターについてお話すること。
以前取り上げたように、牛丼1杯を作るのに必要な水は約2,000リットルだそうです。
ハンバーガーなら、2,400リットルとも云われます。
但し、牛肉の使用料によって相当開きがあるようです。
バーチャルウォーター(仮想水)と言っても、現実にそれだけの水が牛の飼料となるトウモロコシ畑の灌漑用水として使われるわけですから、仮想ではなく現実に使用された水に他なりません。
ハンバーガーや牛丼を食べるな何て事は言いません。
私が言いたいのは、ハンバーガーや牛丼なんて云う食べ物でさえ、これだけの水の消費が必要だってこと。
一日2リットルの水があれば、人間は生きて行けるそうです。
ハンバーガー1つ分の水があれば、1,200人もの人が一日暮らすための水が確保できる事。
そういった事を意識して欲しいのです。
ハンバーガーの原料となる牛の肉、そして牛も生き物ですよね。
ハンバーガーなんて、そんな些細な事かもしれませんが、私達が生きてゆくためには、いろいろな生き物の犠牲が必要だってこと。
ベジタリアンだから関係ないよ!って、おっしゃるご婦人にも申し上げたい。
あなたが先程食べたグリーンサラダだって、レタスやアスパラガスの命を奪って食べてるんだってこと。
最低限の野菜に付く虫だって殺さなきゃなりません。
もちろん綺麗な野菜にそだてるためには、多くの灌漑用水も必要ですよね。
野菜も肉も食べるななんて絶対に申しません。
私だってハンバーガーや牛丼やグリーンサラダが大好きです。
あらゆる食べ物が多くのバーチャルウォーターや生き物の命と引き換えに作られていることを心の何処かに意識として留めて欲しいだけです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2246-d2c18e57


Powered by FC2 Blog