プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日は午後から有給休暇を取って、明日北杜市高根体育館で開催される『子ども環境フェスタ2013in北杜』の準備を手伝っていました。
子ども環境フェスタ2013in北杜01
今年も、ワンウエイのプラスティクドラム容器を再利用した雨水利用タンクの紹介を行います。
お子さん達にエコアートを描いて頂き、それが最終的に来場されてスタンプラリーを楽しんだ皆さんへの賞品の一部となります。
準備完了!
クリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
これが私が明日活動するブースなのですが、2本のドラム容器が鎮座しております。
本日この二本に穴を開けて水道ホースが取り付けられるようにしておきました。
この容器の容量は200リットルです。
つまり、200リットルの雨水を貯める事ができるわけですが、人が一日に必要な水の量は、2リットルと云われていますよね。
つまり、緊急時には200人分の飲料水が確保できるわけです。
世界には、雨水をそのまま飲料水として利用している地域もありますから、飲料水としても使えるんですよ。
まあ、一応80℃以上に加熱すればの話ですけどね。
例え飲料水として使わなくても、お手洗いの流し水には充分でしょう。
普段は庭の花壇の水やりでしょうけどね。
以前も投稿したように、雨水は地上の水分が蒸発して水蒸気となり、それが冷えて雨となって降ってくるわけですから、蒸留水と同じなんです。
地面に染み込んだあまみずは、やがて植物の根から吸い上げられたり、更に深く地下水となったり、かわを下って海にながれたりします。
雨水を少しでも貯めておくことによって、水害の危険も多少緩和されるはず。
昨今都市部では、コンクリートやアスファルトで覆われた地面が多く、雨が地下に染みこむことができず、そのまま流れてしまいます。
これも都市型洪水の一因とも云われていますよね。
雨水も大切な資源なんです。
しっかり活用するように考えましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2249-0ca440b1


Powered by FC2 Blog