プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


7:00の某半国営FM放送局のニュースで、その訃報を知りました。
22日N響桂冠名誉指揮者だったウォルフガング・サヴァリッシュさんが亡くなられたとの訃報でした。
カラヤン、ベームそんな大御所じゃなくて、小学生の頃から白黒画面のN響アワーで時々拝見していたサヴァリッシュさんの指揮ぶり。
メガネを掛けて、いつも端正にタクトを振っていた面影。
まだお若いと思っていましたが、享年89歳とか。
そりゃそうだよね。
当時10歳ぐらいだった私が今や還暦に近づいているくらいだもんね。
今夜は、拙宅にある唯一のレコード、シューマンの交響曲全集から一曲聴きましょうね。
シューマン交響曲全集
勿論第3番の「ライン」ですよね。
ステレオとカセットデッキを何とか手に入れ、N響アワーのFM放送を待ちわびていた頃、シューマンの交響曲の素晴らしさ、そう、この第三番ラインの演奏。
サヴァリッシュさんでしたよね(記憶は相当曖昧、だって、40年以上前だもんね。)
カセットテープに録音した、サヴァリッシュ指揮N響の演奏、ずーっと長く聴いていたよ。
働き始めて、このレコードを甲府のサンリンから、それこそ、清水並のやっとの思いで購入した思い出。
初めて針をレコードに落としたよね。
今でも確かに覚えているよ。
サヴァリッシュさんが居なきゃ、N響のライブなんか視聴しなかったかもしんないよ。
今はシャルルデュトワさんが名誉指揮者で有名だけど、私たちのN響は、サヴァリッシュさんだったよね!。
私にクラッシク音楽の楽しさを教えてくれたサヴァリッシュさん、安らかに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2252-3afdff41


Powered by FC2 Blog