プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


後で気がついて、刹那いって表現でアルカンは、ねぇ。
そんでもって、やっぱり、この範疇じゃスクリャービンだよねって。
スクリャービン作曲ピアノ協奏曲嬰ヘ短調作品20。
あっちの方角に方向転換する前のスクリャービンの滅茶苦茶甘くて刹那いピアノ協奏曲ですよ!。
スクリャービンピアノ協奏曲他
ピアノ独奏:コンスタンティン・シチェルバコフ、イゴールゴロフスチン指揮モスクワ交響楽団の演奏。
この頃の音楽、19世紀後半の音楽好きですよ。
嫌なことが有ったって、明日は何か良いことが絶対あるからね。
そんな慰めてくれる音楽が好き。
刹那きゃもっと良いよね。
ラフマの2番も良いんだけど、あんたの恋人はそんなに情熱的なんだろうが、現実はそれ程甘くないってこと、思い知った上で、逆にこのくらいメロメロになっちまったら、恋人なんかいらねぇよってっか??。
音楽があれば、生きて行ける??。
そんな気にさせてくれる、スクリャービンのピアノ協奏曲。
勿論、スクリャービンも神秘主義に方向転換してからは・・・・・・なんだけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2255-118a4fe4


Powered by FC2 Blog