プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


事の顛末

腫れ上がった右足を診た整形外科のドクター氏、完全にビビっちゃったワケ。
普通なら何の問題も無いのでしょうが、勿論私の病状や処方されている薬の内容も承知済み。
ワーファリンが処方されている患者の恐ろしさもご存知ですから、びびっちゃうのもうなずけるのですが、患者としちゃあ困るわけ。
循環器科の主治医に病状を連絡して、受診と指示を受けるように直ぐに連絡してくれ、今夜更に病状が悪化したら救急車を呼んで対応するようにと言い出す有様。
それでも、診療報酬を請求されました。
勿論、診療したわけで、タライ回しにした訳じゃない事を強調したかったのでしょうけどね。
しょうがないので、事の顛末を循環器科クリニックの主治医に携帯で相談し、明日土曜日16日の診療を予約しました。
幸いその後も右足の腫れは引きませんでしたが、小康状態を保ったまま循環器科クリニックの受診まで漕ぎ着けました。
こちらでは段取り良く何種類かの血液検査を受けた腿の太さを計測したりした後、抗炎症鎮痛剤と湿布剤を処方して頂きました。
血液検査の結果、内出血に伴う貧血他の兆候も見られないとのことで取り敢えず、ワーファリンを飲まない様に、そして安静を保つ事を指示され月曜日18日に再診することになりました。
月曜日、心配する嫁と一緒に再診を受け腿の太さの計測と血液検査を受け、腫れは引かないものの検査結果に悪い兆候も無いとの診断により、火曜日(昨日19日)からの職場復帰が認められました。
ワーファリンも一日止めただけで以後は通常どおり服薬しております。
足の怪我より、脳梗塞の恐れの方が心配なんです。
本日20日、未だ太腿の腫れは多少引いてはおりますが、少々辛いのも確かです。
内出血痕は、大腿部、足首、更には下腹部のアソコ(笑)周辺にまで及び、見た目は相当重症となっております。
キリマンジェロキボーAA生豆
クリックして頂くと大きな画像でご覧いただけます。
上は焙煎前のキリマンジェロキボーAA、下は焙煎後の状態です。
キリマンジェロキボーAA焙煎後
それでも今朝は根性で、キリマンジェロキボーAA、コロンビアポパヤンスプレモ他を焙煎しました。
ここまで出来れば、もう大丈夫かな。
スポンサーサイト

コメント

読みながら。。。

こんにちは。
こちらが心配で落ち着かなくなりました!
危なかったですね。でも冗談を云えるような気分が少し戻ってきているようで安心しました。奥さまは生きた心地がしない気分だったのでは。。。どうぞ無理はなさらず、お大事になさって下さい!

心配していました。
お体の具合が悪いのに仕事から抜けられないのは大変でしたね。
悪い兆候が見られないとのこと、少しは安心なさったと思いますが、くれぐれも無理をなさらないようにしてくださいね。


名前欄をまちがえました

「無理をされませんように」はねさまのことです。
このところ目が見にくいです。言い訳。

Re: 読みながら。。。

yokoblueplanetさま、コメントありがとうございます。
ほんと、嫁もだいぶ心配したようです。
以前、やはりチョットした怪我が元で、今回同様右下肢が炎症を起こした経験があり、この時は長期入院を余儀なくされましたからね。
今回は、何とかそこまでは至らずに済みそうです。

Re: 名前欄をまちがえました

ねさま さん、ご心配をお掛けしました。
今回の騒ぎも私の老いが原因のようです。
私の目も老化が更に進んでおります。
コメントありがとうございました。
そちらも、もうすぐキリ番ですね。
私も挑戦しておりますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2271-992c057d


Powered by FC2 Blog