fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


先週から気がかりだった韮崎市に自生するイチリンソウの群落を訪ねました。
なんたって、人里近い県道脇にその自生地はあるんですよ。
まさか、こんな所に咲いているとは、誰も気が付きません。
普通イチリンソウは、辺鄙な場所に咲いていることが多いのですが、何と此処は県道の道端ですから、ドライブスルーで観察できるのです。
イチリンソウが咲きました
可憐な花でしょ。
でもね、『綺麗な花には毒がある』を地でゆくようなんですが、このイチリンソウ実は猛毒なんですよ。
キンポウゲ科のイチリンソウ属には、少し小振りのニリンソウがあるのですが、これは山菜として食用になります。
このニリンソウと間違えて食べちゃって食中毒を起こす事が有ると、時々新聞報道されています。
くれぐれもご用心くださいね。
尚、掲載してあるサムネイル画像をクリックして頂くと、大きな画像でご覧いただけます。
ウバユリのドライフラワー
こちらは、昨夏栄華を極めたウバユリのドライフラワーです。
まだ、少し種が残っていました。
イカリソウも咲き出した
こちらはイカリソウ、錨の形に似ているからとか、近縁の強壮漢方に処方される『淫羊霍』に似て、男性のアソコがイカル(怒る)から(笑)なんて説もあるそうです
ヒトリシズカも可愛いね
こちらも可愛らしいヒトリシズカです。
これら春早く見られる植物をスプリングエフェメラル(春の妖精)と私たちは呼んでいます。
今日の孫
オマケは、お兄ちゃんの方の孫。
もう完全にお婆ちゃん子になっちゃって、我嫁はご機嫌なんですよ。
とても可愛いけど、もう私の体力では彼の相手はもう無理みたい(笑)
スポンサーサイト



コメント

イチリンソウ

そういえば、山梨の道志道を富士山に向けて走っていた時、休憩したところでイチリンソウを見ました。
初めて見たので、野草でもこんな大きな花が咲くのかと驚きました。
トリカブトとも葉が似ていますが、どちらも毒があるのですね。
イカリソウが見られるのはうらやましいですね。
お孫さんずいぶん大きくなられましたね。

Re: イチリンソウ

キンポウゲ科特有な葉なので、よく判りますよね。
そのため、山菜として摘み取られるニリンソウと間違え、イチリンソウ果てはトリカブトまで採取され、中毒に陥った例が数多くあるようです。
拙宅の付近では見られませんが、この韮崎市や甲府市の千代田湖周辺ならば、見ることができます。
尚、本文にも紹介いたしましたように、イカリソウを近縁の淫羊霍に見立て焼酎漬けにして強壮酒とするような事もしているようです。
因みに、アノ方面に効果が絶大??との事(笑)
今夜も上の孫をあずかっていますが、元気いっぱいで遊んでいますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2299-62bcecb5


Powered by FC2 Blog