プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


す昔バブルで大損した事を思い、株式投資信託を避け爪に火を灯しながらコツコツと堅実だと思われた債券投資に切り替えました。
ところが、リーマン・ショックに単を発し、米サブプライムローンの破綻、ギリシャ等ヨーロッパ債務問題により、高利回りのソブリン債は値下がり続きでした。
一時顔面蒼白成る程の大穴が空き、老後の資産が消えゆく寸前でしたが、某総理大臣閣下の何とかミクス政策により何とか持ち直し、利が稼げる程度に戻り一安心。
嫁はそんな事を露知らず、のほほんとしているばかり。
余り欲張らずにここいら辺で、手仕舞いしました。
こういった、貯蓄は世界情勢や経済ニュースを楽しむのにうってつけ。
ドル円レート、ユーロや元の動きすら手に汗を握るような物。
勿論、四六時中複数モニターとにらめっこなんて、野暮な事はしていません。
あくまでも庶民の貯金なんですよ。
銀行にお金を預けていても殆ど利息がつかない現状。
私の場合、個人の運用は何とかなりましたが、勤務先では『401K』。
これは、退職金を運用して老後の年金に役立てようとするような企て。
社員はいくら損をしようと、運用先の保険会社だけは儲かると云った不思議な制度。
こんな制度を推奨する政府も酷いと思いませんか、個人の投信なら、運用成績が悪かったら信託報酬が減るので証券運用会社は一生懸命。
でも401Kの運用では予め信託報酬が固定されているんですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2312-5937351d


Powered by FC2 Blog