プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今朝の某半国営放送局FMのローカルニュースで、山梨県が策定する「やまなし水政策ビジョン(仮称)」(素案)に対する県民意見の募集。
と云うパブリックコメント募集の案内がありました。
良く聴くと、何とパブリックコメントの募集は、明日までなんだよね。
ココで、いつも呼びかけてる雨水利用に関するお話をしないわけにゃ何のために活動してるか判りませんよね。
そんなワケで、急ぎパブリックコメントなる案件に呼応し、メールで先程担当部署宛に送信しましたよ。
一応、こちらへも全文を掲載いたします。

山梨県の降水量は盆地で、年間約1,000㎜程ですが、これを有効活用するため、私達やまなし環境カウンセラー協会では、家屋の屋根等に降った雨水を貯留して、通常は庭の散水等に利用、災害等が発生した場合には緊急用水源として活用できるよう、簡易的な雨水利用タンクの設置を勧めております。
東京都をはじめ他の自治体では、このような雨水利用タンク設置に対する補助金が交付されると、聞き及んでおります。
本県にも同様な制度を制定していただきたく、お願いいたします。
例えば、広域下水道敷設に伴い使用されなくなる家庭用浄化槽を活用し、洗浄殺菌の後、雨水貯留タンクとして活用するための補助金制度はいかがでしょうか。
現在、家庭用に雨水を貯留するための専用タンク等も販売されております。
また、家屋の屋根に降った降水は、すぐに排水路から河川等に流してしまう事が多いように見うけられます。
最低でも浸透枡を用い宅内処理し、地下水として活用できるような措置を講じねばなりません。
これらの施策により、たしょうなりとも洪水の緩和にも役に立つと存じます。

何をいまさら、と半分キレそうになってキーボードを叩いた結果、相当滅茶苦茶な文面になってますけど、これも勢いと、見直しもせず、そのまま送信してしまったワケ。
ホント、雨水利用タンクに対する補助金制度が無いのは精々山梨県ぐらいだもんね。
雨水利用データベース http://rainwater.be-us.net/ でぐぐってみたら直ぐ判りますよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2338-c2e8f470


Powered by FC2 Blog