プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


サワギキョウのお話のついでに有毒植物について調べてみましょう。
ナス科、キンポウゲ科、ユリ科、サトイモ科、などの植物には有毒な物が多いそうです。
ナス科なら、ヒヨドリジョウゴ、ワルナスビ、タバコ、ハシリドコロ、等有名ですよね。
ご本家たるナスにしても、その親戚トマトやジャガイモに至っても、有毒部位が有るわけで、気をつけましょう。
皆さんが知ってるジャガイモの芽、緑色に変わった皮の周辺や茎、未熟なトマトもやばいそうです。
トマトやナスの葉も有毒だと云われています。
キンポウゲ科、言わずと知れたトリカブト、イチリンソウ、オキナグサ、などイッパイあります。
ユリ科、怖いのはスズラン、チューリップ、は特に注意した方が良さそう。
八百屋さんにならぶ葉ネギやタマネギだって、人間は兎も角、犬や猫たちには有毒らしいですね。
ペット達と一緒にハンバーガーを食べるなんてとんでもありません。
以前一度取り上げたことがありますが、スズランのお話。
庭に植えたドイツ・スズラン(栽培種)と違い、高原で咲く野生種の場合、それ程密集していません。
特に牧草地では、ポツンポツンとスズランだけが良く目立ちます。
これは、牛さん達がスズランに毒があることを知っているので食べないから、よく目立ってるんだそうですよ。
スズランを焼酎に漬け込んだら、香りの良い果実酒ができるなんてコト考える人がいらっしゃったようですが、とんでもありませんからね。
アルコールで有毒成分が抽出されてしまいます。
もう一つ気を付けなきゃならないのは、人によって常時服用している薬によって、気をつけなきゃならない植物があるってこと。
有名なのは、ハーブにも用いられる、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)です。
この薬効植物を摂取した、私のようなワーファリンを処方されている患者では、その抗血栓作用が衰えるため、危険なんだそうです。
リンゴや梅等のバラ科の種子には、シアン系の物質が含まれているので、それらの種子も食べないほうがよさそうですよ。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。
植物の持つ毒 我が家もウサギがいるので気を付けています。
うさんぽなるウサギの散歩には連れていきませんが植木鉢の葉っぱを食べる事があるのでとても気になっていました。
部屋の中を自由に動き回っているのでタマネギの茶色の皮等も落とさないようにとか^^;
動物と一緒に生活していたら当たり前の注意事項なのですが
先日ソファの背もたれに乗って「幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアーナ)」の葉っぱを食べていました。
まさかソッファの背もたれに乗って食べるなんて思わなかったですから・・・・
冷や汗をかきました^^;

こんばんは(゚▿゚)
植物の毒とはさすがです~。
昔は梅の種の中の実まで食べてた思い出が
蘇りました(苦笑)

あと、1度キンポウゲも摘んで帰ったりしてましたが
最近トリカブトの仲間と知り、やはりMKさんのような
豊富な知識は重要だなぁと感じました(・ˇェˇ・;)

Re: ちしゃ猫さま

私達人間なら体の大きさから云っても、多少ダイジョウブでもウサちゃん始め動物たちには命取り。
拙宅でもネコのミーがシクラメンを食べるので困っています。
あと、テッポウユリかタカサゴユリのいずれか判らないユリが多く芽をだすので、これも犬の甲斐や猫のミーが食べやしなかと、心配です。
スズランを決して食べない牛さん達と違い、猫や犬は先祖代々の経験が足りないようです。

Re: 空苑さま

植物は多かれ少なかれ、野菜ですら自己保存のために毒を持つものが多いそうです。
ベジタリアンだろうと、多くの野菜を少しずつ食すならばダイジョウブでしょうが、一度に一種類の野菜を多く召し上がるのはヤバそうですね。
サプリメントにしても同様で、特定栄養素ばかりを摂取すると危険なようですし、食べ物はバランス良く多種類を少しずつ召し上がるのが賢明だとか。

おはようございます。
とても参考になる記事で 興味深く拝見しました。

お料理のあしらいに 庭先の緑をちょっと添えたりしますが
アジサイの葉は有毒なので間違っても使わないようにと
料理学校で習ったように記憶しています。

三十年も前なので 覚え違いだったかもしれませんが
今もそれを信じて使わないようにしています。

山野草を食べるTv番組などもありますが 素人判断でわからないものに手を出すのは危険かと思っています。

Re: お名前を存じあげない方へ

有毒植物としてのアジサイは、特にヤバイそうですね。
逆にその効果を有効に使っているのが、ナンテンの葉だそうです。
シアン系の有毒成分が僅かに有り、腐敗防止効果が期待できるため、赤飯等に添えるとの事。
子供らに対する野外活動の指導でも、食事等の前には必ず手を洗う事を教えています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2344-84c1aa18


Powered by FC2 Blog