プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


曇りがちながら雨も降らず、そして相変わらず蒸し暑い休日ですが、知識や経験の伝承も含め、久しぶりに二男をサポート役に仕立てたフィールドワーク。
場所はお隣の韮崎市、拙宅から車で15分程の行程。
春、アズマイチゲやカタクリも咲く小さな谷戸の奥深い、小さな祠の近く。
今日の獲物は、ユリ科のヤマホトトギス。
ヤマホトトギス
サムネイル画像をクリックして頂くと、大きな画像でご覧いただけます。
遠目からも直ぐそれと判る、独特な形状。
この季節、谷戸で一番美しいと思うお姫様達。
唯、以前もこの花の件で、私の不注意のため、勤務先の隣で咲いていた素晴らしい群落を、文字通り根こそぎ盗掘された経験を思い出しますが、それ以上触れたくありません。
靜かな杜にひっそりと咲いている姿は、本当に清楚で綺麗です。
桔梗が咲いてる!
そして、今何と絶滅危惧植物として、フィールドでも滅多にお目に掛かれないキキョウ科のキキョウの花がこの杜近くの野良道脇で咲いていました。
コンクリの隙間からシッカリ茎を伸ばし咲いている青紫色、車に乗っていても、もしやと思う様なその色と姿。
お客様はオオムラサキ様とオオスズメバチ様
そのまま帰宅せず、拙宅のご近所里山にオオムラサキの様子を見ようと直行。
昨年は、文字通り鈴なりになっていたオオムラサキ達も、例年並に活動中です。
私の頭上を掠め、クヌギの梢高く舞うその姿は、やはり夏の勇者そのもの。
クヌギの樹液がほとばしる彼らのレストランは、オオムラサキ様とオオスズメバチ様達の社交場です。
入れ替わり立ち代り訪れるお客様達、この辺には甘酸っぱいようなクヌギの樹液の匂いが立ち込めています。
敗者
一見優雅に見えるオオムラサキ達の活動も、勝者と敗者に別れます。
もうすぐ現れる雌をめぐり、強い雄がその遺伝子を継承するために戦いを繰り広げますが、敗者はこのように青い鱗翅を残すだけ。



スポンサーサイト

コメント

オオムラサキ

オオムラサキ、今年はまだ落ちていた羽根を見ただけです。
鳥の獲物になったんでしょうね。
それにしても元気なオオムラサキ本体は残念ながらまだ見かけません。
ヤマホトトギスと一緒にキキョウも見られたなんて~いいなぁ~
野生のキキョウはまだ見たことがありません・・・

Re: オオムラサキ

オオムラサキ、雄どうし、バトルを繰り返している内に、鱗翅が千切れたりする者もあります。
私もそんな胴体付きの骸を見た記憶がありません。
おっしゃるように、鳥に食べられてしまうかもしれませんね。
昨年はご近所里山で少しくたびれた花を一株だけ見ました。
昨日見たキキョウは、久しぶりに綺麗に咲いていました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2386-84721ac6


Powered by FC2 Blog