プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


皆さん虫さん嫌いですか、好きですか?。
勿論私は先日も投稿いたしましたように、オオムラサキさんや、あまり仲良くなれないオオスズメバチさん達と一緒にフィールドを彷徨するのが何よりの楽しみ。
ですから、我子達にもそれなりの自然教育は、幼い内から行いました。
二男と一緒にオオムラサキを観察していて、幼い二男がオオムラサキの雌に襲われたりと云った件も投稿しました。
それでも虫を嫌いに成ることもなく、長男と一緒にカブトムシやクワガタムシを捕りに出掛けたりもしました。
長女もそれなりに自然の中で育てましたが、そこは女の子らしく、虫嫌いと宣うようになりました。
間もなく26歳を迎えようと云うのに、小さな虫を怖がり猫のミーに救けてもらう有様。
一般的に女性は虫が嫌いとか、挙げ句の果ては、怖いと仰る方が多いようです。
古い話で恐縮ですが、拙宅でも家庭菜園を始めたいと嫁が言うので、何度か小さな畑を借りて野菜作りを行ったことがありました。
嫁は、農家出身ですが、カエル、ヘビ、トカゲ、ヤモリ、イモリ等全て怖いのです。
現在でも拙宅の回りは住宅地と云えど、未だホタル、オオムラサキ、他絶滅危惧植物すら残っている、滅茶苦茶田舎ですが、その昔は更に凄かったわけです。
現在改築しましたが、その前の家の床下には、屋敷神様のアオダイショウ様が居られましたし、家の前の道路をマムシさんまで、平然とニョロニョロ向かいの家まで出掛ける始末。
つまり、チョット畑や田圃の方を歩こうものなら、へび君達が平然と歩いているのです。
結局嫁は、借りた畑を耕したり水を遣りに出掛けることが叶わず、畑は荒れ放題。
そんな事が何度かあって家庭菜園は諦めた次第。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは
セミやトンボなど姿が清涼な昆虫は好きですが、蛾は最悪ですね、幼虫も成虫も;ハチは怖いけど不快な虫じゃない分救われますが?ヘビ、ムカデの類はもちろん嫌です。

虫も蛇も苦手です

子どもが小さいとき玄関にひっくり返った蝉を家族だれもが触ることができませんでした。
これではいけないと、カブトムシやクワガタ、亀、カエル、ザリガニ、青虫など飼いました。
おかげで息子は昆虫博士と言われるほどになりました。
でも、大人になったら再び虫嫌いに、蜘蛛や蛾が入ってくると逃げております。
で、私が虫さんに出て行ってもらう係です。
先日も玄関先に蜂が巣をかけ始めていたので、蜂退治となりました。蛇やトカゲにはさすがにお目にかかりません。

Re: michael さんへ

michaelさん、コメントありがとうございます。
蛾もお嫌いですか、オオムラサキは国蝶ですが、胴も太く特に雌は色も濃い茶色から黒をベースに黄色と赤のポチポチ模様。
蛾だと思っちゃう人も多いと思いますよ。
又、蛾にしてもオオミズアオなんて云う凄く綺麗な薄緑色が特徴の蛾もいます。
ヘビ、ムカデ、こちらはフォローしにくいですねぇ。

Re: 虫も蛇も苦手です

やっぱり虫好きは稀なのかもしれません。
でも、ルリボシカミキリなんて滅茶苦茶綺麗なカミキリムシもいますよ。
ホタルの光は幻想的ですね。
私の嫌いな虫はセミ、どうしてかと言うとウルサイからです。
コオロギ、やスズムシ、皆さん良い音だとおっしゃいますが、私には騒音としか聞こえません。
ついでに風鈴の音も大嫌いです(笑)。
私は風流がワカランのですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2397-c254ed13


Powered by FC2 Blog