fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


弦楽四重奏曲第81番ト長調作品77の1、ロプコヴィッツ弦楽四重奏曲第1番。
弦楽四重奏曲第82番へ長調作品77の2、ロプコヴィッツ弦楽四重奏曲第1番。
弦楽四重奏曲第83番ニ短調作品103番。
これが今夜のBGM、ハイドン先生最後期の弦楽四重奏曲。
しかも103番は、未完成ですね。
作品77も通常6曲からなる弦楽四重奏曲が2曲だけのようです。
作品77と103
サムネイル画像をクリックして頂くと、大きな画像でご覧いただけます。
演奏は、クイケン弦楽四重奏団です。
久しぶりにハイドン先生の弦楽四重奏曲を引っ張りだしたのには、ワケがありまして・・・・。
Ama◯onから、いつもの様に私が欲しがりそうなセット物CDをご案内頂き、結局ポチってしまいました。
それが、こちらのエオリアン弦楽四重奏団のハイドン弦楽四重奏曲全集全22枚組なんですよ。
ハイドン先生のSQ全集
22枚組のハイドン先生の弦楽四重奏曲全集がナント、4,422円なんて、凄すぎませんか。
昔は相当高価だった全集が、この価格とは。
もちろん他の演奏家でバラバラですが、一応ハイドン先生の弦楽四重奏曲は全曲所有しておりますが、つい気になって、ポチりました。
前出のクイケンSQのCDもその内の一枚なんですよ。
スポンサーサイト



コメント

ハイドンSQ

こんにちは
私もクイケンSQによるハイドンSQはひととおり持っています。この端正な音作りはじつに味わい深いですね。全集のほうはコダーイSQで揃えています。こちらも安心感で包み込んでくれます。ハイドン先生で至福の時を過ごせますね。

Re: ハイドンSQ

michaelさま、コメントありがとうございます。
弦楽四重奏曲と云うジャンルを世に送り出したのは、ハイドン先生のなせる技。
弟子のベートーベンさんの弦楽四重奏曲を聴く場合、楽しくとも、それなりの根性が必要な事が多く、体調により躊躇することもあります(笑)。
落ち着いて、時の立つのを忘れるようなハイドン先生の作品です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2414-1ab1726a


Powered by FC2 Blog