プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


YS-11

先日宮崎駿監督の『風立ちぬ』について触れた投稿を致しましたが、私にとって堀越技師は零式艦上戦闘機の設計者であると同時に戦後日本初の旅客機YS-11の設計チームの一員だった事の方が重要です。
フライトシュミレーター用の機体データを保存しておいたのですが、Vistaマシンからウィンドウズ8マシンに変更する際、移行できなかったようです。
改めてバックアップデータを漁り、何とか見つけることができました。
YS-11.jpg
サムネイル画像をクリックして頂くと、大きな画像でご覧いただけます。
画像は、フライトシュミレーターⅩによるYS-11が高松空港を飛び立った処をキャプチャーしたもの。
エアーニッポンで使われていたJA-8729がモデルの機体です。
もう、国内で使われている機体を見ることはありませんが、私達の年代にとって、懐かしい航空機です。
スポンサーサイト

コメント

YS11、私の先輩方世代の飛行機ですね。私の生まれた翌年、1973年には生産が終了となりましたからね。もったいないですねえ。

YS-11

私も懐かしいです。
確か最初に乗った飛行機はこれでしたね。
羽田~旭川空港だったかもしれません。
堀辰夫の「風立ちぬ」も好きでしたね。

Re: お名前が判らないお客様へ??

機体としては素晴らしかったようですが、営業がどうも上手くゆかなかったようですね。
東京オリンピックの時、聖火を運んだ機体、後の聖火号の名前が語り継がれています。
それにしても綺麗な「ひこうき」です。
コメントありがとうございました。

Re: YS-11

堀越二郎さん達、複雑な気持ちで戦闘機を設計されていた皆さんが、叡智を尽くし作り上げた旅客機です。
オーバースペックのようですが、凄く頑丈だったそうです。
軽量化のため、防弾被覆さえ行わなかった戦闘機の開発と違い、安全・安心がテーゼの旅客機。
YS11が退役した後を引き継いだボンバルディアの機体と大違いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2415-cb06c6f0


Powered by FC2 Blog