プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


やっと二ヶ月ぶりにハイドンの交響曲全集に戻りました。
勿論アダム・フィッシャー指揮アウストロ・ハンガリアン・ハイドン管弦楽団の演奏による、全33枚のCDから、22枚めと、やっと先が見えたなどとぬか喜びをしておりましたが・・・・・・??。
孫やオオムラサキ達と遊んでいる間にナント2ヶ月も経ち、もう立秋も過ぎ、今夕は秋虫の声も高くなりました。
22枚目のハイドン
サムネイル画像をクリックして頂くと、大きな画像でご覧いただけます。
こちらが、今夜のBGMハイドン作曲交響曲73番ニ長調『狩り』、第4楽章が勇壮な狩りのイメージと云ってよいのでしょうね。
トランペットが角笛の様な響きを表しているからでしょうか。
次が74番変ホ長調ですが、第一楽章の勇壮さ、そして第二楽章冒頭の低弦楽器の美しさが印象的です。
このCD最後の75番ニ長調、何と言っても第一楽章の盛り上がり方、好きですね。
第二楽章は第一楽章の反動なのか、落ち着いて静かに弦が奏されます。
第三楽章も第二楽章に比べ遥かに短いのですが、華やかで良いですねぇ。
終楽章冒頭から、何時終わっても良いように盛り上げて行ってるねって印象。
ミーハーな私としては、このCDの中じゃ、やっぱり75番の印象が強いですね。
さて、おまけは、今日の長男のfbから借用した上の孫の楽しそうな姿です。
元気だね 楽しそうだね
プラズマカーと云う乗り物、滅茶苦茶楽しそうです。
おそらく父親の影響でしょうが、ドリフト走行などお手の物らしいですよ。
スポンサーサイト

コメント

お孫さん楽しそうですね(*^_^*)

運動神経も良くとっても身の利くお子さんのようですね!
難しそうな車を難なく楽しんでいる様子が 良い笑顔からも伝わってきます。(^^♪

見ているだけで 引き込まれてこちらも笑顔になります!
幼い子の笑顔は 人を幸せにする力がありますね(*^_^*)
お互いに孫って可愛いですね!!

Re: 言の葉IS さま

上の孫は2歳を過ぎましたが、一緒に珈琲豆を挽いたりと手伝うようになり、こちらも色々教えたいと思う次第です。
ミニトマトやなんと、人参が大好物とか、さすがにピーマンまではダメなようです。
弟も生後5ヶ月が経ち、寝返りができるようになりました。
完全に好々爺と成っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2430-a143ed5f


Powered by FC2 Blog