fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


トライXの頃

久しぶりに井上陽水さんのライブレコード「もどり道」を引っ張りだした。
いままで余り気に留めなかったのですが、ジャケットデザインが結構楽しい。
おそらくコラージュしたのでしょうが、古くからのカメラファンならお馴染みの35mmネガフィルムの雄、コダックのトライXのロゴが判ります。
もどり道表 もどり道裏
以前は、モノクロフィルム専門で、トライXも長尺物を切って使ってましたし、勿論現像もDー76により自家現像。
増感現像も自由自在でしたから、相当遊べましたよね。
拙宅の二階にある納戸??と云うより物置部屋は、水こそバケツで運びますが、一応簡易暗室として使えるようにしてありますし、未だ引き伸ばし機も用意してあります。
でも、使ったのは数える程で、今は本物の物置と化してしまいました。
使わなく成った引き伸ばし機や写真関係の樹脂ボトルも幾つか寝ています。
今のデジタルのご時世、あの頃思い描くことができたでしょうか?。
レコードから、CDそして音楽配信サービス・・・・・。

『もどり道』井上陽水さんのLPレコードの中で一番好きな物。
冒頭の「夏まつり」やA面6曲目の「人生が二度あれば」なんか凄い。
B面の『東へ西へ』『傘がない』も圧巻。
勿論CD化もされていますが、やっぱりレコードですよね。
スポンサーサイト



コメント

引き伸ばし機

我が家にも引き伸ばし機がありました。半畳の納戸に目張りをして置いてありま「した」。本体はとっくに処分してしまったけど、屋根裏にはまだ当時のニッコール・レンズが眠っているはず。大きく引き伸ばしたモノクロの写真はお宝ですね。

こんばんは。

私は写真機を持ったことがありませんが、
結婚して初めて、必要な時は義父のカメラを借りていました。
メカ音痴で現像が上がってくるたびに義父に笑われていました。
ですから自分でカメラを買おうとは思いませんでした。
3年前にブログを始めるにあたり、
甥っ子のポケット・デジタルを譲ってもらいました。
シャッターを押しただけで簡単に写せる!
メカ音痴は感動しましたねえ^^。

話はかわります(笑。
アナログの音楽ソフト、いまだにお聴きになっているようで、
非常に嬉しく思いました。
針を落とす時のあの、ちょっとした緊張感がなによりです。
さあ、これから聴くぞという昂揚感が好きです^^。

Re: 引き伸ばし機

ホントに暗くてたまらない、暗室灯のオレンジ色を頼りに、ネガのスリーブをフィルムキャリアーにはさみ、印画紙を置く前に、イーゼルマスクでトリミング。
そして印画紙をおもむろに黒い袋から取り出して・・・・。
現像液と、酢酸の臭い、そう、これが暗室の臭いですよね。
今もまだ、二階の物置兼簡易暗室で眠っている我引き伸ばし機は、ラッキー商会の製品です。

Re: こんばんは。

NANTEIさま、コメントありがとうございます。
今聴いているのは、CD化されたアナログ録音のハイドンのSQですが、何となく昔の様なLPジャケットからレコードを細心の注意をしながら取り出し、ターンテーブルに載せるって、儀式のようでした。
世の中お手軽になりましたが、残っているレコードは、そのまま聴くのが一番だと思っています。
一時デジタル化も行いましたが、レコードの音はレコードで聴くのが最善と考えなおし、現在に至る次第。
今でも細心録音レコードの新譜があるようです。
でも、新しい録音はCDの方が良いと思います。
その時代に合った音楽媒体であって欲しいからです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2432-ea73b6f2


Powered by FC2 Blog