プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


朝夕めっきり涼しくなり、やはり秋の訪れを感じます。
今日は彼岸の中日、昨日書き込んだように一族揃って墓参り。
曼珠沙華
菩提寺には定番のマンジュシャゲも咲いています。
ここの直ぐ外側は、無川の堤防、いわゆる信玄堤。
其処此処に赤いマンジュシャゲが目立つようになりました。
初めての彼岸墓参り
今日も登場するのは、弟の方の孫。
パパに抱かれて少し不安気味???。
皆でご先祖様に手を合わせました。
我が嫁の実家の菩提寺もこの近くですから、皆で墓参り。
拙宅には正午に帰宅。
この後、孫達は父母と共に母親の実家の菩提寺に行きましたよ。
スポンサーサイト

コメント

曼珠沙華何とも言えない 心に沁みるような赤ですね。
秋田に来てからは不思議なことに見たことがありません。(>_<)
彼岸花の名の如くに 菩提寺に咲いていてくれるなんて素敵ですね。

お孫さん大きくなられましたね(*^_^*)
賢そうな男の子らしい いいお顔です。
楽しみですね!!!

可愛くて そして会えるのが嬉しくて・・・お孫さん 宝物ですね!!よ~く判ります(*^_^*)

Re: 言の葉IS さま

言の葉ISさま、いつもありがとうございます。
秋田では、珍しいのですね。
元々本邦に自生していた植物ではなく、大陸から渡って来た植物だそうです。
おかげさまで、この子も兄の方もすくすくと育っています。
やっと生後六ヶ月経ちました、この子達が成人するまで見届けたいものです。
本当に孫は可愛いですよね。

こんばんは。

ほんとうに、彼岸には必ずマンジュシャゲですね。

それで彼岸花というのでしょうね(当たり前ですね・汗)
菩提寺に一族揃っての墓参。
核家族化した都会では見れない光景です。



Re: NANTEI さま

NANTEIさま、いつもありがとうございます。
例年早めに咲いていたマンジュシャゲですが、今年は丁度彼岸頃、見頃を迎えました。
菩提寺も住職は居らず、近くの同宗の名刹が管理しています。
そのため、墓地の管理は檀家個人で行います。
我墓所は信玄堤の欅の近く、冬、春彼岸は、枯れ葉で埋まり、盂蘭盆と秋彼岸はカナムグラが繁茂します。
そのため年に何度か開墾(笑)が必須作業になります。

彼岸花

私はなんとなくこちらの名前がすきです。
冬に葉を茂らせるようですから、散歩のときは注意してみようと思います。
妖しい赤色とあまのじゃくな成長の仕方、おまけに毒をもっているとなると惹かれてしまいます。

ご家族揃ってのお墓参り、ご先祖様もうれしいでしょうね。

Re: 彼岸花

科名にもなっていますから、和名としては「彼岸花」の方が通用しやすいのでしょうね。
色々な色が有るようですが、この色以外まだお目にかかっていません。
初めて見せる孫もおりますので、先祖も喜んでいることでしょう。
コメントありがとうございました。

帰国したら。。。

こんにちは。
今年はお彼岸は国外ばかり。帰国したらお墓参りに出かけます、まず一番に。
お孫さんの数も増えて,おじいさんとしては更に忙しくなりますね!

Re: 帰国したら。。。

yokoblueplanetさま、いつもコメントありがとうございます。
二人の孫は、元気な男の子。
弟も這い這いが始まって忙しくなりました。
それにひきかえ、こちらは更に老いが進んでいます(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2464-c798cea5


Powered by FC2 Blog