プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


バーバーと云うと、チョットクラシック通のかたは、直ぐに『弦楽のためのアダージョ』の作曲者だと答えるでしょう。
恥ずかしながら、私もこのイ・ムジチ合奏団のレコードを聴くまで、サミュエル・バーバーと云う作曲家を知りませんでした。
弦楽のためのアダージョ
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
もちろんこのレコードのメインは、レスピーギの『リュートのための古代舞曲とアリア』なんですが、オマケに収録されている『弦楽のためのアダージョ』が素晴らしい出来なのですよ。
もう『アルビノーニのアダージョ』真っ青!な、完全にお葬式の音楽にうってつけ、なんて言うと叱られそうですけどね。
他に、手持ちのCDでバイオリン協奏曲、チェロ協奏曲、ピアノ協奏曲、ピアノ作品集等がありす。
改めてぐぐってみると、
1910年3月9日、米国ペンシルベニア州 ウェスト・チェスターに生まれ1981年1月23日に亡くなったそうです。
一番お薦めしたい曲は、やっぱしバイオリン協奏曲ですよね。
コルンゴルト、バーバーバイオリン協奏曲
ギル・シャハムのバイオリンによる、このコルンゴルトとのカップリングが凄くロマンティックなんです。
竹澤恭子さんの演奏がYouTubeにありました。
https://www.youtube.com/watch?v=xQKdByAjGOE で、視聴できます。
尚、彼女の演奏による同曲のCDも所有しておりますが、めちゃ良いです。

スポンサーサイト

コメント

うわっ!
といってしまう、アンプ&プレイヤーですね!
という私はよく判らないのですが・・・
こだわりのMKさんのこと、
さぞかし名器の組み合わせかと思われます(^_^;)

それと、毎日のようにクラシックを聴きこんでおられること、
とても尊敬いたします。

その半面、私の音楽経験のなんと浅いこと!
非常に恥ずかしく思いました。

これからもいろいろ教えてください・・・
バーバーは、
もちろん『アダージョ』しか知らない私です(-_-;)

すみません。
さきほどのコメントは、
南亭でした(^_^;)

Re: NANTEIさま

NANTEIさま、コメントありがとうございます。
レコード・プレーヤーは、既にアラフォーと云ったお歳。
アンプは割りと新しく13年程前の製品。
いずれも、ごく普通の音楽愛好家向けの安価な製品でした。
元々特別な音楽教育を受けた事など無い、唯のミーハーな音楽ファンですよ。
その証拠に、手持ちの音楽ソフトは、美形の女性が独奏されているものが多いですからね。
バーバーについては、某有名なクラッシク音楽番組でさえ、『一発屋』の頂点に推されるような作曲家です。
オマケにプレヤーとアンプが写っている画像をパーンすると、『のだめ部屋』の如き有り様です。
AMAZONの空き箱やボックス入りCD全集、某エコロジー関係の雑誌、あらゆる自然保護や環境保護関係の資料が乱雑に捏ねられている状態です。

こんばんは。
レコードプレイヤー懐かしいです。^^
昔持っていた物によく似ていて、当時を思い出し懐かしく思いました。
そんな頃、聞く音楽はロックやポップスばかりでしたが。・・・^^;

Re: S氏さま

このプレーヤーは、40年近く前流行っていたマイクロ精機製『ソリッド・ファイブ』と云う、ダイレクトドライブ全盛の頃、あえてベルトドライブだった製品です。
元々サーボの調子が悪いのか時折回転が狂うのですが、特段レコードを聴く分には影響しない程度なので使っています。
カーペンターズのナウ・アンド・ゼン、荒井由実のミスリム、芹洋子さんのファースト・アルバム辺がいいですねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2474-510c6909


Powered by FC2 Blog