プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


昨日Daisyさんのブログにお邪魔したら、マエストロ・アンドレ・プレビンさんのピアノ・トリオのCDを紹介されていました。
レイ・ブラウンのベース、ジョー・パスのギターを従えたプレビンのベーゼンドルファーだそうです。
そんなわけで、よく考えたら10月は秋真っ盛り!。
んっじゃ、『やっぱり秋は女性ボーカル聴かなきゃね』と云った、至ってこじつけがましい話で、お気に入りの一枚は、1961年録音のドリス・デイ&アンドレ・プレビン・トリオ。
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
デュエット
ドリス・デイのボーカル、バックはアンドレ・プレビントリオ。
ピアノ:アンドレ・プレビン、ベース:レット・ミッチェル、ドラムス:フランク・キャップ。
A面冒頭の『クローズ・ユア・アイズ』でもう二人の世界に入っちまう。
妙齢の女人にそんな事言われたら・・・・です。
B面の『ギブ・ミー・タイム』もね。
そして、気を良くして今夜の二枚目、デュエットの裏に隠れてるアン・バートンの『ブルーバートン』
ブルーバートン
ルイス・バン・ダイク・トリオをバックに従えて、アン・バートンの名盤『ブルーバートン』。
A面一曲目、スタンダードの名曲『捧ぐるは愛のみ』そしてB面最後の『サニー』もイイですよ。
余談ですが、某半国営放送局のベテランアナウンサーさんが、昔、曲紹介のおり、「捧ぐるは愛のみ」と云う題名を「棒胡桃は愛の実」(ぼうぐるみは、あいのみ)と読まれた事があり、おったまげました。
その番組終了まで何の訂正もありませんでしたから皆さん、そう思い込んでいたのでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

MKさん、こんばんは。
プレヴィン、どっぷり楽しみました。デュエットは在庫がありませんが、TELERCからリリースされているアルバムを2枚注文しました。LPも探してみたいと思ってます。ハイドンもいいですが、ジャズも良いもんですね。

Re: Daisyさま

Daisyさま、コメントありがとうございます。
いつも貴下ブログを拝見し、その見識の多様さに驚いております。
当方、一応雑食性に富んだ音楽思考をしておりますゆえ、はなはだ稚拙ではありますが、それなりに楽しんでおります。
秋は、女性ボーカルの季節と勝手に解釈し、聴いております。
また、お世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。

アン・バートン

こんにちは。

一時期アン・バートンをよく聞いていたんですよ。
懐かしい!

レコードも数枚持っていました。
今もあるかな?ほこりをかぶって・・・、それとも売ってしまったかな?という感じで、完全なご無沙汰状態です。
でも彼女の歌は耳に残っていますよう。

Re: アン・バートン

よんちゃん さま、コメントありがとうございます。
少し肌寒い秋の夜は、絶対女性ボーカルですよね。
少し乾いた独特な声。
アン・バートンの魅力、それは大人しか解らないかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2494-049b2c24


Powered by FC2 Blog