プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨年の甲府市における降水量を気象庁のデータから集計すると、1,003.5㎜になります。
拙宅に近い韮崎の場合でも1,064㎜と、大体年間1,000㎜程度の降水量です。
何かイベントが有ったり、環境学習会などで講師を務める時、この数字を使います。
唯年間1,000㎜の降水量って言った処で、なんとなく漠然として解りませんよね。
雨 プール
だから、そんな降水量をお子さんはじめ、皆さんに説明するとき用いるのがプールの水量です。
山梨県では、年間降る雨や雪の量が、こんな1メートルの深さに溜まるんだよってね。
すると大体の皆さんは、その量に驚かれるのです。
でも、山梨県は全国平均1,800㎜に比べ約半分ちょっとです。
東京は、約1,500㎜、鹿児島は約3,000㎜と皆多いですね。
それでも山梨県は、全国有数の規模でミネラルウォーターを製造しているそうです。
そのミネラルウオーターの元になるのは、富士山や南アルプスを始めとする山岳地帯に降った雨や雪。
それが長い年月を掛けて地下に浸透し、花崗岩層の隙間から湧き出します。
県内各地の水道水は、そんな良質の湧水や河川がその水源なんです。
山梨ばかりじゃありません、日本全国どこでも公共水道から清潔で美味しい水をそのまま飲むことができます。
こんな国は日本の他数えるほどしかありません。
日本は資源が少ないと云われますが、とりあえず飲料水だけは確保できるようですね。
こんな豊かな水源を誇る我日本、水を大量に輸入してるって知っていますか。
水と云う形じゃなくて、農作物や畜産物、工業製品と云った形で輸入されている物の多くを製造するために大量の農業用水や工業用水を必要とします。
これをバーチャルウォーター(仮想水)と呼んでいるわけで、一人当たり1,460ℓ輸入しているそうです。
さて、明日の甲府市環境センターで行われる「甲府市環境リサイクルフェア」相変わらず、雨水利用タンクの普及や紹介をメインに奨める予定ですが、肝心の天候も限りなく雨模様(笑)と、あまりインパクトがありません。
それでもがんばりましょう。
スポンサーサイト

コメント

雨水タンク

雨水タンクを分けて頂いて帰って3年くらい経ちましたでしょうか。
とても役に立っています。
畑や庭の水やり、車の洗車とか雑巾を洗ったりね。
2011の時の計画停電(すっかり導電に騙されましたが)でトイレもこの水を使いました。思い出すのも辛いけれど・・・

Re: 雨水タンク

sage55さま、おはようございます。
ご利用いただきありがとうございます。
今甲府市環境リサイクルフェアの本番に出かけるところです。
雨水は、本邦唯一の大事な資源です。
少しでも溜めて使いたいものです。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2512-4fbba265


Powered by FC2 Blog