プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


先ほど、独身時代勤務先の独身寮で10年ほど一緒に同じ釜の飯を食った上司の送別会から帰宅したところ。
毎夜BachやColtraneを聴きながら酒盛りを繰り返し、ていた彼も60歳の定年を迎え、再雇用の道を選ばず去って行くと云う。
再来年は私の番だろうと思うと、少々感慨深い。
さて、今日は勤務先の14001内部監査が行われ、私も14001事務局を監査する、内部監査員として駆り出された格好。
一応、環境省の『環境カウンセラー登録簿』には、専門分野としてISO14001と記されていますが、私の場合、環境保護はあくまでも趣味の世界にすぎません。
オマケに今日は、勤務先の親会社『日本人なら絶対知ってる』って有名企業の環境部のから、エライさんが二人もお見えになり、私達下々の監査を監査するそうな。
著しい環境側面の抽出とか、環境影響評価とか、緊急時の対応テストなんて、懐かしい言葉が飛び交う。
以前、今の9001だけじゃなく、14001事務局も兼務してた頃、滅茶苦茶なミスにより、親会社を含めたグループ企業全体を一つのターゲットとして統合審査が行われた際、痛恨の不適合を喰らい、ISO14001事務局を首になった経験があるのですよ。
環境保護はあくまでも趣味の世界と割り切っておりますゆえ、実社会のドロドロした環境審査は余り好きじゃありません。
それでも一応宮仕えの身ゆえ、お仕事と割り切って監査をいたしました。
幾らISO14001事務局が音頭を取ろうとて、一般社員に理解されないような環境マネージメントシステムは、所詮絵に描いた餅にすぎません。
社員一人一人が、環境意識をもって仕事だけじゃなく家庭生活に於いても、活動することが大切なんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2525-80329d1c


Powered by FC2 Blog