プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


久しぶりにハイドンの弦楽四重奏曲から作品1の1を聴いています。
この曲は狩りと云うニックネームがついているそうです。
狩りと聞くと、モーツアルトのハイドンセットに含まれる17番の弦楽四重奏曲を思い出すのですが・・・・。
ハイドンのOp.1-1は、静かな5楽章構成特に第4楽章のメヌエットが好き
ブッフベルガー四重奏団
今夜聴いているのは、ブッフベルガー四重奏団の演奏。
別にエオリアン弦楽四重奏団による全集もありますが、今夜はブッフベルガー四重奏団。
難しい話は、やめにしてチョット寒いけど優雅な弦の音色も悪くありませんね。
Op1-2も聴いていますが、こちらも優雅な装いに包まれた曲。
これを聴いていると、慣れ親しんだベートーベンさんの弦四がチョットきつめな曲と感じるから不思議。
さすがハイドン先生、太陽セット辺りは当然ですが初期の弦四もイイっすねぇ。
何時かは、こんな曲を聴きながら優雅に午後の惰眠をむさぼってみたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2571-75af05fa


Powered by FC2 Blog