プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


私達の食べ物

今朝の半国営放送局のニュースで、某国の中日大使閣下が本邦で行われている海豚漁を残酷だとして止めるようにブログでうったえていると云った報道がありました。
本邦に於いても自然保護団体等が、鯨や海豚の漁を止めるべきだと云った行動もあるようです。
そんな皆さんの意見も重々承知していますが、鯨や海豚を食料として考えるのも悪い事のように云われます。
じゃあ、他の漁業による魚の捕獲はどうなんでしょうか?。
鯨や海豚は哺乳類でしかも頭が良い高等な生物だからって、皆さんおっしゃいます。
それじゃあ、牛や豚や羊、兎は頭が悪いから殺して食べても良いって事でしょうか????。
前出の大使閣下の母国は、150年近く前まで、太平洋で捕鯨を大々的に行うために、本邦に対し開国を要求したのは紛れもないこと。
しかもその捕獲した鯨は鯨油を絞るためだけに使われ、他の部位は全て廃棄されていたそうですね。
本邦に於ける捕鯨等では、骨から皮まで余すところなく利用されていたのは、皆さんご存知の筈。
動物や魚を食べるのは可哀想だからって、ベジタリアンに成る方もおられますが、チョット考えてくださいね。
畑で育った新鮮な野菜の茎をポキンと折ると、みずみずしい野菜の汁がながれでますよね。
これ、動物の血と同じなんですよ。
果実は動物に食べられて、種が肥やしと一緒に広く広がるから、大丈夫???。
人間は、種無し果実を作ったり、未熟な果実を使ったりと、植物たちの思惑は外れます。
それでなくとも、私達は種を残して生ゴミとして燃やしたり、完熟堆肥として処理します。
作物や家畜を守るため、それらに害を成すとして、本邦では猪や鹿を駆除します。
現在食物連鎖の頂点に居るのは、私達人間。
チョット私達人間も増えすぎてるから、色んな動物をタンパク源として食べる必要もありますしね。
余談ですが、私も山梨生まれの山梨育ち、つまり甲州人。
だから、蜂の子だって、イナゴだって食べますよ。
その国々土地々々の豊かな食文化も守ってゆかなけりゃなりません。
いつ何時、今まで食べていた食物が無くなるなんてこともあるかもしれませんからね。
スポンサーサイト

コメント

dolphin

全く同じ意見です。
毎日、3食頂く時には
「いただきます」といいます。
命をいただいて生きているのですから、感謝して頂くようにしています。
シーシェパードもあきれてしまいましたが、今回も変ですね。
理解できない変な分からない世界です。
かの国ではあのかわいいウサギも食べる文化でしたっけ?

Re: dolphin

いただきます。
孫も必ず食前に唱えるように躾けているようです。
兎さんですが、日本でもプレスハムやソーセージの繋ぎ肉として使われていました。
ウインナ・ソーセージの使用肉として表示されていた物を見たことがあります。
フランス料理でもウサギのテリーヌは美味です。
狩猟対象動物ですから、皮は毛皮、肉は食用に供したようです。
もちろん彼の国でも食べていると思いますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2584-c38c9eb0


Powered by FC2 Blog