プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


クラウディオ・アバドさんが亡くなられました。
享年80歳と聞き、そんなに、お年を召していたんだ。と驚きを隠せませんでした。
調べてみると、ロリン・マゼールさんなんか1930年生まれですから、もう84歳になられるんですね。
私が小学生で音楽を聴き始めた頃、ベーム、ストコフスキー、カラヤンが憧れの指揮者でした。
チョット若手で、バーンスタインとか。
プレビンさん、マゼールさん、アバドさん達なんて当時まだ駆け出しの若手指揮者なんて云われていましたもの。
気が付けば、あれから半世紀近くも時が流れておりました。
ベームさん始め往年の偉大な指揮者は、とおに鬼籍に入られています。
私もあと一年ちょっとで還暦ですものね。
手近のCDでアバドさんを偲びましょう。
ブラーム・スマスター・ピース ポリーニ・アバドのブラームス
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
ポリーニさんのピアノで、ウイーン・フィルを振った、ブラームスの2番です。
左が手持ちのブラームスのマスター・ピース、右が単売されているオリジナル盤のケース画像です。
1995年の録音だそうですが、ゆったりとしたオーケストラをバックに唄うようなポーリニさんのピアノ。
ピアノの唄を惹き立てる指揮者アバドの真骨頂。
やっぱりオペラの指揮者かなッて思っちゃう。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

コメント

アバド

こんにちは。

僕はアバド/ベルリン・フィルのブラームスの交響曲第2番が大好きです。

曲想から考えると、ピアノ協奏曲第2番やヴァイオリン協奏曲も期待できるかなと思っていました。(考えるだけで、調べて購入検討までいっていませんが)

今日ご紹介のようにポリーニのピアノで、ウイーン・フィルを振った演奏があるんですね。
興味津々です!

Re: アバド

よんちゃんさま、コメントありがとうございます。
私の場合、アバドさんだと、どうしてもウィーンフィル:オペラORコンチェルトになっちゃうんですね。
先入観だと思うのですが(笑)。
アバドさんのレコードですが、グルダさんと録音したモーツアルトの20番・21番も好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2587-f8bae34d


Powered by FC2 Blog