プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


南岸低気圧の影響でしょうか、今夜も小雨が柔らかく道路を濡らしています。
はやり、南岸低気圧は春の使者として来るのか、今夜の雨は割合暖かさをもたらしているのか、日陰の雪も消えそうです。
だからって分けじゃないのですが、今夜もアレクサンドル・スクリャービンさんのプレリュードから、その第2集です。
スクリャービン前奏曲第二集 スクリャービン前奏曲第二集裏
こちらがナクソス盤のケースの絵の画像。
サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけますが、凄く綺麗でしょ。
巻末には、僅か11歳で夭折した彼の子供ジュリアンが残した「4つのプレリュード」も収録されています。
1. スクリャービン:4つの前奏曲 作品22 (1897/8)
2. 2つの前奏曲 作品27 (1900)
3. 4つの前奏曲 作品31 (1903)
4. 4つの前奏曲 作品33 (1903)
5. 3つの前奏曲 作品35 (1903)
6. 4つの前奏曲 作品37 (1903)
7. 4つの前奏曲 作品39 (1903)
8. 3つの小品 第3番 前奏曲 変ホ長調作品45-3 (1905)
9. 4つの前奏曲 Op.48 (1905)
10. 3つの小品 第2番 前奏曲 ヘ長調 作品49-2 (1905)
11. 4つの小品 第2番 前奏曲 イ短調 作品51-2(1906
12. 4つの小品 第1番 前奏曲 変ホ長調 作品56-1 (1908)
13. 2つの小品 第2番 前奏曲 作品59-2 (1910)
14. 2つの前奏曲 作品67 (1912-13)
15. 5つの前奏曲 作品74 (1914)
16. J. スクリャービン:4つの前奏曲 (1914)
第一集と比べ後期の作品となるため、唯ロマンティックだけじゃなく、より内面的で心象風景とでも云えるようなピアノの音色だけじゃない何かを感じるような気もします。
エフゲーニ・ザラフィアンツさんのピアノ。

youtubeに37-2がありましたので、張っておきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2644-1ecb0824


Powered by FC2 Blog