プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


明日明後日の甲府盆地は桃色一色に塗りつぶされます。
桃の花が見ごろを迎えましたよ。
桃源郷にいらっしゃい  ジュリアードのハイドンセット
これを逃すと、直ぐに受粉作業や摘花作業が始まっちゃって見るも無残(笑)な桃の花に成っちゃいますよ。
今夜のBGMも桃色ピンクじゃひけを取らないモーツアルトのハイドンセット第一番の、弦楽四重奏曲第14番ト長調K.387通称春と呼ばれている曲。
上の桃畑、何時もの場所から金峰山をはじめ、乾徳山、黒金山、その裏側に国師岳を始めとする奥秩父主峰を仰ぎ見ると、遥か遠くまで広がるピンクの絨毯のよう。
今年は大雪に虐められた桃の木も頑張って花を咲かせました。
そう、桃だから花が綺麗だけじゃないんだよ。
前出の受粉作業や摘花作業、摘果作業、そして袋掛けと農作業は休みなし。
ここ毎朝霜注意報が出っぱなしの甲府盆地、いつも書き込んでるけど、この季節寒暖の差が大きくて日格差20℃以上の毎日。
この急激な気温変化が有ってこそ、美味しい桃や葡萄が実ります。

そしてこの曲モーツアルトのディヴェルティメント変ロ長調K.137、16歳のモーツアルトが作曲したそうな。
この曲大好き、特に第二楽章。
これぞピンクのモーツアルトの真髄。
youtubeからお借りしました。
皆様、これぞピンクのモーツアルト!!。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2666-996042da


Powered by FC2 Blog