プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


静かなまぼろし

流線型80‘が急に聴きたくなって・・・このレコードの白眉はA面の3曲目から4曲め真冬のサーファーと、静かなまぼろし。
特に「静かなまぼろし」が好き。
この6枚目のアルバムの上記曲、そして4枚目の「14番目の月」からの「グッドラック&グッバイ」、偶然町で出会ったけど一方は気が付かなかった前曲、そして気が付いた後曲。
きっと昔の恋人時代からの破局も悪い思いは無かったのでしょう。
そして、新たな恋が芽生え、二人とも今は幸せ。
だから懐かしさだけが湧き出してくる。
いいよねぇ、こんなシチュエーション。
レコード  流線型
久しぶりにユーミンを聴きましたよ。
グッドラック&グッドバイを張っときます。

「あの日にかえりたい」や「海を見ていた午後」のような凄く綺麗だけど、とてもせつない唄と違って、羨ましくさえ思えるようなシーン。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

ユーミンさんも、私には遠い世界の方。
両親を失くして貧乏のどん底にいた私は、
薄汚い反戦フォークの歌手たちに、強いシンパシーを持っていました。

その対面にいたのが荒井由美でした。
何不自由のない良家のお嬢さん。
たしかにその才能は、世を巻き込む素晴らしいものがあったでしょう。
しかし、世の底辺にいたもののやっかみかもしれませんが、
私にはいまだにブルジョアの匂いがする存在を敬遠しています。

安酒を飲んで、ポーズめいたクラシックよりも、
ど演歌の世界に酔いしれる・・・
それが正直なナンテイの毎日であります。

MKさんからは、いつも実に正直なコメントを頂きとても嬉しく思っています。
ご不快でしょうが、私も正直な気持ちを書かせていただきました。

ただ、すべての嗜好はその人それぞれの人生によって、作られるのですね。

でも、今までめぐり合ったことのない、
素晴らしいお考えを持ったMKさんとお会いできて、
ほんとうに感謝しております。

これからも忌憚のないご意見、よろしくお願いいたします。
夜分に、失礼いたしました。



Re: こんばんは。

高校を卒業し、親元を離れ勤務先の寮生活。
3KどころかKが幾つ付くか判らないような早朝から夜遅くまでの仕事の毎日、土日連休の週休二日が多くの企業で採用され始めた頃。
毎日土日も働き詰めで、NANTEI様同様仲間と安酒を酌み交わす日々。
幸い山梨なので酒は、地元産の安い赤の一升瓶ワイン、類共で集まる仲間とグールドのゴールドベルクを聴きながら涙を流す夜更け。
皆が持ち寄るレコードの中に荒井由実が何枚か、「金曜日にはワインを飲もう」なんて、たまにはチョットrichな気分がもてはやされた頃。
その砂糖菓子のような甘くて悲しいフレーズに安赤ワインで涙して・・・・。
そんな仲間も鬼籍に入ったり退職したり、いつの間にか私も年老いております。
年端もゆかぬ内から酒浸りの毎日を送っておりましたが、結局今はドクターストップが掛かり、酒の味も楽しめません。
NANTEI様が書き込まれたように「すべての嗜好はその人それぞれの人生によって、作られる」
正にその通りと相槌を打ちたくなります。
当方こそ、いつも真摯で忌憚のなにコメントをいただき恐縮している次第です。
どうもありがとうございました。
返信が遅れたことをお詫びいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2677-b033fe8e


Powered by FC2 Blog