プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


風も穏やかな昼頃、ご近所里山を久し振りに彷徨。
勿論この季節のお目当てはキンランとギンラン、何れも殆ど絶滅に瀕している野生欄。
特にギンランの清楚な姿が大好き。
何時もの谷間の小道を少し上った辺りにお目当てのギンランそして少し上にキンランがみつかりました。
ギンラン01  ギンラン02
画像はクローズアップしておりますから、それなりに映っておりますが、実際は余程好きな人間じゃないと気が付かない程地味な植物。
通り掛かった方が居られましたので、この植物のお話をしましたが、ご理解いただけたかどうか????。
殆ど蕾のような状態ですが、恐らくこれ以上花弁が開くことは無いと思います。
キンラン01
そしてこちらがキンランの画像。
どちらかと云うと、このキンランの方が花も花茎も大きくて見応えもありますし、黄色い花がよく目立ちます。
ヤマツツジもいっぱい  ガマズミ
そして、ヤマツツジやガマズミも今が盛りとさいています。
谷間は早くも春から初夏を迎えたようです。
サギゴケ01
谷間から帰宅途中田植えの準備で忙しい田圃の畦道にはサギゴケ達も咲いています。
ムラサキサギゴケも少し見えますね。
大型連休、観光地はどこも人で溢れているようですが、こんな花を愛でるのも悪くありません。
これだけの花が見られる、拙宅のご近所里山は完全な観光地(笑)。
スポンサーサイト

コメント

ギンラン、可愛らしいですねえ。見てみたいですねえ。

Re: TORU さま

ギンランもキンランも里山に咲く蘭ですが、林床の菌根菌と共生しているため、栽培は難しいそうです。
昔はそれ程珍しい花では無かったようですが、近年里山の荒廃と共に絶滅が危惧されています。
特にギンランはは、草丈も低く花も小さいうえ、殆ど花弁が開かないため、一般の方には見つけられないかもしれません。

キンランギンラン

こちらでもしっかり咲き始めました。
根っこが残っていたのか昨年盗掘されたところでも芽吹いていました。
ホッとしています。

Re: キンランギンラン

狭山丘陵は、自然保護が行き届いていると思うのですが、逆にそれを守らない方も多いのでしょうね。
拙宅のご近所里山は、道路や宅地造成、そして圃場整備による自然破壊に晒されていますが、故意に盗掘される程有名な場所じゃありません。
こんな処に・・・・キンランやギンランが咲いていると云った塩梅です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2689-cb307012


Powered by FC2 Blog