プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨日の降雹の投稿を書きこんでいて思い出した事があります。
今から45年以上昔の話ですが、中学校の理科第二分野で天気図について勉強したことを思い出しました。
今もNHKラジオ第2放送で放送されている気象通報を聞きながら、天気図用紙に気圧をプロットして天気図を完成させる授業がありました。
表に各地の気温、風向、風力、天候、気圧他を記載し、それを元に天気図を書く訳ですが、とても難しい作業だった事を思い出します。
今年3月頃までは、1日3回気象通報を放送していたそうですが、現在は毎日16:00に1度だけ放送されているそうです。
Youtubeに今月5月1日同放送の音声情報がありましたので、張っておきます。

今は、気象庁のサイトで天気図を見る事ができます。
良い時代に成ったものです。
しかし、漁業や船舶の航行で、まだ細かいデータが必要な時は、今でも役立っているようですし、昔気質の山屋の場合ザイルワークや図読同様必須テクでもあります。
14053018.png
こちらは今日18:00の天気図です。
明日も高気圧に覆われ、強い日差しで真夏日になるようですね。
今も中学校では、天気図を書く授業があるのでしょか。
難しいけれど、天気のこと覚えると楽しいかもしれません。
ユーミンの『稲妻の少女』のフレーズに『夕べ天気図にたくさん線引いてタイフーンの位置をたしかめたのさ』なんて良いよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2715-63596ec2


Powered by FC2 Blog