プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


昨夜の夕食は、嫁と私、夫婦二人だけ、外食しようと言うので、『す〇屋』の牛丼を提案。
税込で270円並盛と、消費増税前と同じ金額なので実質値下げと云った処。
客の回転率とサイドオーダー、他のメニューで利益が有るのだろうが、人件費が高騰している今、採算が合うのだろうかと疑問。
昨今、名が通ったラーメン屋でさえ、1,000円近い事があり、ラーメンも上等な食事に成ったものだと思っている。
それに引き換え、この牛丼確かに安い!。
私の胃袋なら、並盛いっぱいで充分満足する量と味(難しい事は言わないし、ましてや今はグルメじゃない)。
〇亀のうどんと同じくリーズナブル。
さて、財布にやさしいことを支払う対価で考えるのは当たり前。
何か別の観点から、牛丼の安さを考えようと云うのが今回の思考。
以前お子さんにバーチャルウォーターについて、牛丼を例にプレゼンを行うプログラムを作った事がありますので、そこから引用します。

65グラムの牛肉になる、牛さんを育てるのに1,339リットル、500ミリのペットボトル2,700本ぐらいの水が必要です。
牛さんがのむんじゃないんだよ、牛さんのエサになるトウモロコシや小麦を育てるのにこれだけの水をつかいます。
玉ねぎを育てるのに4リットル、500ミリのペットボトル8本ぐらい使います。
お米を作るのに555リットル、500ミリのペットボトル1,110本ぐらいの水を使います。
しょうゆ、砂糖、塩、お酒、みりん、などの調味料で、40リットル、 500ミリのペットボトル80本ぐらい。
2,700本+16本+1,110本+80本=3,906本
もちろん、お米を研いだり、玉ねぎを洗ったり、煮るのにも水を使います。
だから牛丼いっぱい作るのには500ミリリットルいりペットボトル4,000本の水が必要なんだよ!
500ミリリットルのペットボトル4,000本って、2,000リットルってことだよ。
つまり、牛丼一ぱいを作るのに
2,000リットルの水が必要なんだよ!

上記データは、玉葱は、1/4個、牛肉65g、米炊き上がり丼一杯、その他調味料少々で計算してあります。
2,000リットルつまり水道水2立方メートルの価格、平均的日本の水道原水価格は1立方メートルあたり、188.52円だそうなので2立法メートルだと、約370円????になる計算。
チョット変な考え方かもしれませんが、肥育する前の子牛代、野菜やコメの種代、あらゆる人件費が本来上乗せされるべきなので、牛丼税込並盛が270円というのが、如何に破格の値段かって事判りますでしょうか。
まあ、農業用水は安いでしょうが、牛丼用の肉牛産地である豪州や米国でも水不足は深刻らしいので・・・・・。
牛丼を食べる時も、環境保護を念頭に・・・置いたら牛丼が不味くなる(笑)。
だから、余り深く考えず、美味しくて・安くて・早い、と三拍子そろった牛丼を美味しく食べましょう。
スポンサーサイト

コメント

MKさん おばんです。

近所にもすきやが今年の春オープンしましたが、一度も這いいた事がありません・・・。笑)

この換算された数値を見ると!!マークですね・・・。

心して食いましょう・・・念仏唱えながら・・・・。笑)

Re: ひげさま

ひげさま、お爺様になられるとの由、おめでとうございます。
某牛丼チェーン、侮りがたしです。
昨今の世界の食糧事情を考えるたび、私たちの孫の世代も飢えずに生き抜く事ができるか心配になります。
私達に今できるのは、子孫達に食べ物を無駄にしないと云う生活習慣を刷り込むことだと考えます。
牛丼の話は、水の重要性、そして食糧との拘わり会いを教えるツールとして活用しております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2717-b7295c06


Powered by FC2 Blog