プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


帰宅すると、嫁がチキンの腿肉を焼いてくれとリクエスト。
フライパンで塩胡椒を掛けた腿肉2枚を両面オールスパイス等の香辛料と共に丹念に焼き、赤ワインを大量に振りかけて蒸し焼きにする。
適宜醤油を落としながら味の調整。
前回ここで味醂を加えた事を今回は忘れ、これが問題となった。
両面をひっくり返しつつ赤ワインで煮詰めると共に腿肉に味をしみこませる。
赤ワインが煮詰まり、腿肉が良い塩梅に仕上がった処で、腿肉を皿に移す。
残りの煮汁に更に赤ワインを足し、更に煮詰めソースを作る。
充分煮詰まった処で、腿肉に掛けて出来上がり。
悪くない味だと思うのだが、嫁は味が薄いとのたまう。
矢張り味醂の威力は偉大だったのだろう。
まあ、相当きまぐれでいい加減なレシピなのでご容赦願いたい処。
私は現在酒類を呑まないのだが、こうやって料理には相当量の酒を使っている。
もちろん煮詰めたり、焼いたりする関係でアルコールは殆ど飛んでいるので問題なかろう。
もう一品、嫁が冷蔵庫に仕舞い込み、消費期限が危なそうな鰯の開きが有ったので、香草焼きと洒落込む。
オリーブオイルを薄く延ばしたフライパンに鰯を並べ薄く塩を振り、生姜、バジル、パセリ等で香りづけ。
白ワインを掛けながら腿肉同様軽く蒸し焼きにする。
白ワインの酸味が鰯の味を引き立てていると思うが、娘はバジルの香りが強すぎると・・・・。
そんな事言いながらも料理用に使った白ワインを呑み干し、別の冷やしておいた辛口の白に触手を延ばす我娘。
我子孫達は、父親の血を引き無類の酒好きか・・・???。
料理に疲れ聴く音楽はヘンデルのオルガン協奏曲作品4全曲。
オルガン/ルドルフ・エヴァーハルト  合奏:コレギウム・アウレウム の演奏。


Youtubeに似たような曲がありましたので張っておきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2726-b1c36307


Powered by FC2 Blog