プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


皆様、高原の夏の朝、そして静かな湖畔云うと郭公(カッコー)の声を連想されますよねえ。
今夜19:00頃、拙宅から数メートル離れた電線に留まったカッコー君、カッコー・カッコーとあの大きな鳴声。
鳩くらいの体つき、そして長めの尻尾を上下に振りながら高らかにカッコーと叫びます。
朝、遠くで聞くのは良い気分。
でも、極近くでしかも暗くなり始めてから鳴かんでも良いのに、と思うのですが、彼なりに理由があるようです。
カッコーと鳴くのは♂が♀を探しているのだと云った話も有り、連れ合いが見つからない♂は、ずうーっと鳴き続けるそうです。
10年ほど前、真夜中にカッコーの鳴き声を至近距離から聞いた事があります。
恐らく、その彼も中々伴侶が見つからなかったんでしょうか。
さて、今夜のBGM、郭公と全く脈絡もありませんが、昨晩のブラームの雨の歌が、思いの外良かったので、今夜もバイオリンとピアノのためのソナタ、第3番にしましょう。

昨晩同様オーギュスト・デュメインのバイオリン、マリア=ジョアオ・ピリスのピアノです。
ブラームス節がチョットきついのですが、3曲の中で一番好きです。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます、お邪魔します。
カッコーの鳴き声、聞いてみたいものですね。
夜に鳴くのにもちゃんと理由があるんですね、
なるほど~(*^_^*)

Re: ジャムさま

ジャムさま、コメントありがとうございます。
当地、滅茶田舎故、カッコー、雉、等野性鳥類の鳴き声があふれております。
この季節、本文にも記載いたしましたように極身近でカッコーの声を聞いたりしますが、
これはもう騒音と申して良いかと思います(笑)。
まあ、彼らにしてみれば、文字どおり生活と将来が掛っているのですから、頑張って鳴き続け、
良い伴侶を得ようとして必死なんでしょう。
私達人間も生き物故、同じように頑張って、子孫たちに将来を託さねばなりません。
拙い駄文ばかり連ねておりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2742-1ab284e3


Powered by FC2 Blog