プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


嫁が長男の馬鈴薯掘りを手伝いに行っているので、洗濯物を取り込んだりして、ご近所里山フィールドに出たのは17:00近く。
そろそろオオムラサキの羽化も始まる頃と雑木林の入り口付近を捜しましたが、見つけることができませんでした。
まだシーズンが始まったばかり、これから一月ほどの間、オオムラサキ達の雄姿を見守り続けたいと思います。
夕暮れ近い里山
山火事注意??の看板が掛かっているクヌギの木から樹液が流れ、それを吸いにオオムラサキ、カブトムシ、オオスズメバチの皆さんが集まります。
まだチョット樹液の匂いが乏しいので、皆さん居られませんでした。
来週頃になると、皆でこのクヌギの領有権をめぐり昆虫達の争いが繰り返されます。
まるで、天然ガス資源を争うどこかの国のようですね。
そして、この近くを通過する新しく開通した県道バイパス沿いには、こちらのコンビニが出店するようです。
ご近所にコンビニ出店
これらサムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。
そう、どうも牛乳缶がシンボルマークになっているお店のようです。
半世紀近く前、こちらに越してきましたが、当時私達が済む住宅地以外は一面田圃と桑畑そして雑木林でしたが、いつのまにか近代的???な風景に変わってしまいました。
上記樹液をだして虫たちを迎えるクヌギの木から、数十メートル離れた処を、更に新しい道路がもう直ぐ完成します。
このオオムラサキ達の楽園、今後どうなるのでしょうか。 追伸、先日夕方鳴く郭公のお話をしましたが、今夕も拙宅近くの電線上で、伴侶を求めて鳴いていました。
どうもこの辺りが彼の縄張りのようです。
まあ、数年前まで同様に拙宅付近を縄張りにしていた別の郭公に比べ早朝から鳴かないので、彼の恋路を応援したいと思います。
尾羽を上に挙げながら一生懸命恋人を待つ彼らの姿が好きなんですよ。
スポンサーサイト

コメント

郭公

「郭公の鳴く家」なんて素敵な響きですね。
どんどん開発されて、便利にはなるのですが、動植物にとってはいい迷惑ですね。

オオムラサキのやって来ていた木は今年は切られて無くなっていました。

Re: 郭公

当地、クヌギの林はオオムラサキやカブトムシ達が団体で暮らせるほど残っているので、暫くは大丈夫と思いたい処です。
しかし、昔田圃だった処や雑木林だった処に新たな家が立ち並ぶ風景が、変り行くご近所里山なんです。
我嫁が嫁いできた頃、夜になると物音一つしない静けさが怖いと言っていたのが嘘のようです。
玄関から覗くと、郭公が鳴く姿を見る事ができるんですよ。
尾羽を張り上げ力いっぱい鳴く姿に、婚活にあせる彼のひたむきさを感じます(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2745-e477be94


Powered by FC2 Blog