プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


朝、某民放テレビを視ていると、珈琲の香りがストレス解消に役立ち、飲めば認知症改善の効果も期待できるなんて、カフェイン依存症の私には願ったり叶ったりの朗報。
唯、焙煎は浅い程良いなんてねぇ。
良いもん、どうせ珈琲大量に飲むんだからね。
今まで、赤ワインや珈琲が健康に良いと云われ、赤ワインなんか一時滅茶苦茶売れた事が有ったらしい。
そもそも、日本人には渋くて重い赤ワインは一部の好き者(以前の私のような)が喜んで呑んでいた程度。
納豆とか白インゲンとか色々店頭から一時消えちゃった食品まで有った始末。
大体、赤ワインとか珈琲に含まれるポリフェノールが健康に良いって話、確証もあるらしいけど、赤ワインはそもそもお酒、つまりアルコールが11パーセントぐらい含まれているって代物だから本来有毒。
珈琲だってカフェインが大量に含まれる、云わば有毒食品????。
何れもある程度摂取しないと薬効効果が表れないでしょうねぇ。
珈琲は兎も角、赤ワインは心臓に効くと云われますが、そんなに呑んだら肝臓が壊れそう。
心臓に効くったって、心筋梗塞のような虚血性心臓病には効果があるそうですが、現に私がり患している、突発性うっ血拡張型心筋症もあり、こちらは我身をもって赤ワインが効かなかった事が証明できます。

さて今夜のBGMはバッハ作曲,カンタータ第211番「お静かに、おしゃべりせずに」そう、俗称珈琲カンタータから有名なラストの三重唱曲です。

そして、珈琲もよいのですが、久しぶりに孫達が遊びに来ましたよ。
兄  弟
ほら、二人ともお陰様でこんなに大きくなりました。
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
スポンサーサイト

コメント

MKさん おはようございます。

ワインは、ともかくコーヒーはね・・・おらは、多分、中毒でしょ・・・。笑)

お孫さん こりゃ目の中にいれてもいたくない・・・おらも年末が待ち遠しいです・・・。

Re: ひげさま

ひげ様、コメントありがとうございます。
みなさん、中毒と依存症を混同されていますが、あくまでも私達は中毒ではなく依存症です。
珈琲を飲まないと元気が出ない、酷くなると眠れない(笑)等の場合は依存症ですね。
中毒は逆に気持ち悪くなったりすることじゃないでしょうか。 
お孫さま、ひげ様の所もあと少しですね。

私はコーヒーやめられませんよ。
シアトルにいたころは毎日600mLから1L飲んでました。イナカに来てからは500mLくらいに減りました。でも止みませんよ。人によってはそんなものやめた方がいいと忠告してくれますが、まあ中毒なんで止みません(笑)。

Re: MK(meta-iodoaniline) さま

MK(meta-iodoaniline)さま、コメントありがとうございます。
それは、中毒ではありませんよ。
唯の依存症です(笑)。
私も家族から止めるように再三言われておりますが、唯一の水分補給なんですからやめられません。
塩分や水分の制限もありまして、もちろんアルコール類もなのですが、珈琲ぐらい飲ませてよ!て、わけ。
珈琲は、健康に良い???と云った報道が最近多く、頼もしく思っております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2752-0950f939


Powered by FC2 Blog