プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


あの頃の想い出

中学生の頃、アルトサックスのリードを、暇さえあれば何時も舐めていたり、トランペットのマウスピースをポケットに忍ばせ、片時も手放さなかった級友達のことを書き込んだ事がありました。
そんな中学のクラブ活動のお話、理科室が大好きだった私、当時から私は植物など生物が好きだったのですが、生物部は女子ばかり、やむなく男子ばかりだった科学部を選ぶ他ありませんでした。
暇さえあれば鉱物顕微鏡で、鉱物の断面を覗き、そこに集まる結晶の美しさに時間の経つのも忘れていたものです。
当時、米国のアポロ計画に触発された???私達は、ロケットを作ってみようなどと、無謀な計画を行っておりました。
ロケットと云っても、黒色火薬を使ったロケット花火的なものでしたが、硝酸カリウム、炭素、硫黄の混和率を変えたり、メタノールをそれに沁みこませたり、火薬の詰め方を研究したりと・・・・。
結局、顧問の教師に火薬取締法に付いて諭され、ロケット花火以上に発展できなかった事がチョット残念でした。
何時か、そんなロケットに乗り宇宙に出て行きたいと云った、某マンガ家さんと同じような志を持っていたメンバーもいて、
彼は、その後その道に進む事になりました。
テレビのニュースで、彼の名を聞いた時、志を忘れなかった彼に感動した事を覚えています。
もちろん、その頃の私は元気一杯だけが取柄でしたから、暇さえあれ一年中野山を彷徨う活動をしておりました。
山梨県知事から『自然監視員』なんてお墨付きをいただき、動植物たちと楽しく遊んでいましたよ(笑)。

今夜のBGMは昨夜に続きヘルムート・バルヒャのバッハ・オルガン全集旧盤から、ファンタジーととフーガを何曲か聴いています。
丁度今流れているのは、BWV578のフーガト短調です。
Youtubeから相応の曲を張っておきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2763-9b8ad317


Powered by FC2 Blog