プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


旧い友人から暑中見舞いが届きました。
私同様一年中フィールドワークに明け暮れていた友も、やはり歳には叶わない様子。
やはり網膜剥離に罹患したとの事。
それでも、いまだ思い機材を抱え銀塩写真による撮影を続けているようです。 甲斐駒と満月
これが暑中見舞いの裏に貼ってある写真です。
私のようにデジタルではなく、あくまでもアナログ写真に拘っているのが凄いのです。
遥か昔、コダクローム・プロフェッショナル25で撮影した画像の発色は、言葉では言い表せなかった事を思い出します。
遠にコダクロームは店頭から消え、大本のコダック社さえもが2012年連邦破産法11章を申請し、他のリバーサルフィルム等不採算部門の切り捨ても行われ、アナログの終焉となりました。
本邦には、半化粧品会社と化した某フィルムメーカーもありますが、やはり私にとっては、イーストマン・コダックなんです。
トライ・エックスやハイスピード・インフラレッド、それらを現像するためのD-76現像液と増感処理。
押入れの奥には、まだ粉末のままのⅮ-76も残っていた筈(笑)。
今じゃ増感もデジタルカメラのISOモードを切り替えるだけ。

今夜のBGMは何となくクララハスキルさんの伴奏、あるツール・グルミオーさんのバイオリンで、べとべんさんのバイオリンソナタ第5番作品24「春」1957年の録音ですが、良い音です。
Youtubeにアンネ・ゾフィー・ムターさんの演奏がありましたので張っておきます。
スポンサーサイト

コメント

コダクローム25、懐かしいですね。尋常じゃない黒の引き締まりと独特の発色、キレ。わたしも64とともに愛用してました。D-76も氷酢酸の匂いも懐かしいですね。今はデジタルの便利さと引き換えに失ったものも多いかもしれませんね。

Re: Daisy さま

Daisyさま、コメントありがとうございます。
拙宅の納戸兼暗室モドキには現在も引き伸ばし機も鎮座しておりますが、その上に買いだめられた日用品や不用品の山が築かれ、おそらく今後日の目を見る事はありますまい。
モノクロならフィルム現像から、紙焼き引き伸ばしまで行っておりましたが、今やデジタルの時代。
友人からのアナログ写真に昔の事を思い出した次第です。
音楽は未だアナログレコードを聴いておりますが、写真は全てデジタルになってしまいました。
Dー76の濃度調節とストップウォッチ、あの頃が懐かしいですね。
私の子供の成長記録はリバーサルに保存してありますが、孫の記録は全てデジタルになりました(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2770-eaa00d9c


Powered by FC2 Blog