プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今朝の某半国営放送局のFM放送、毎週行われているイントロでその曲名を当てるコーナーの出題。
私のような偏った音楽ファンの場合、通常俗に云われる名曲成る物は余り良く知りません。
でも、今日の出題の回答は直ぐに解りましたよ。
あの三連符の交響曲の第〇楽章冒頭だってね。
この曲、普通は第一楽章の冒頭が好きって人が一番多いでしょうね。
私が好きなのは、3楽章から4楽章特に連続して演奏される境目なんですよ。
全曲を貫いて奏される例の3連符、特にこの3楽章から4楽章に、これでもか・これでもか・これでもかって、繰り返してあらわれる動機。
第3楽章も後半、あの弦のピチカート、管の単音の連打での3連符・・・・・・そして感極まった処で第4楽章冒頭への感極まる金管のまるでファンファーレ。
そして、後半に訪れる我慢比べと最後の歓喜の大円団ですよね。
手元にある大好きなフリッチャイ・ベルリンベルリンフィルのレコード、チョット????なベーム・ウィーンフィル70年の来日記念盤、ワルター・ニューヨークフィル等色々持っておりますが、今夜はYoutubeでこちらを聴いております。

ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による1968年の録音。
特に第3楽章から第4楽章が凄いですね。

こちらは、ダニエル・バレンボイム指揮BBC???だろうか??。
やっぱりライブも良いですね。
色々聴き比べができて楽しいですよ。
一応クイズの回答が絡んでおりますんで、あえて作曲者名と曲名は伏せさせていただきました(笑)。

スポンサーサイト

コメント

>3楽章から4楽章特に連続して演奏される境目なんですよ。
ハイよくわかります。

スイトナーのベルリン国立歌劇場?だったかの演奏で4楽章の繰り返し部分を触ったやつありますよね。
最初は違和感があったのですが何度か聴くうちに平気になりました。あれを聴いてからしばらくは3,4楽章ばかり聴いていました。懐かしい思い出です。

Re: MK(miodoaniline) さま

MK(miodoaniline)さま、いつもコメントありがとうございます。
> スイトナーのベルリン国立歌劇場?だったかの演奏で4楽章の繰り返し部分を触ったやつ???ゴメンナサイ、不勉強ゆえ、全く存じません(笑)。
このシンフォニーですが、一楽章冒頭は、色々ありますがチョット避けたい処です。
でも、第二主題が現れると様相は一変し・・・・なんてね。
こんな調子で、この方の5番の交響曲に付いては、幾らでも能書きを垂れる事ができますよねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2774-ea55da9b


Powered by FC2 Blog