プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


盂蘭盆会の休暇が明け、昨日から殆どの企業で仕事が始まったと云うのに、山梨県森林環境部環境総務課さん主催による『山梨環境教育指導者研修会』なる物を今日19日から21日まで開催すると云った話。
大体、休暇明け一日仕事して3日もの間講義を聴けったって、そりゃご無体ってもんでしょ。
まあ、座学の初日だけでも何とか都合を付けて出席したわけです。
会場は、何と富士吉田市上吉田にある県富士山科学研究所の研修室。
富士吉田市ったって、富士山5合目に通じる富士スバルラインの起点近くの山の中。
定刻10:00に間に合わすべく、拙宅を出たのは7:30頃でした。
片道50キロ以上の道のり、毎朝ワーファリン他の薬の中には利尿剤も入ってるわけで、途中富士吉田のコンビニに立ち寄る予定でしたが閉店していたため、急遽富士ビジターセンターにより手洗いを済ませ、ついでに夏の名残の富士山を眺めようと展望台に上りました。
富士ビジターセンターよりの夏富士
山頂付近には残雪が未だくっきりと見えますね。
9月には初雪や初冠雪も見られるでしょうから、今年の富士のは雪が消える事がなさそうです。
そんな事もあり、会場に着いたのは9:40分頃と、何とか間に合いましたよ。
研修会場
ご覧の会場、受講者より空席の方が目立つと云った情けない状況。
定員100名だった筈ですが・・・・・・??。
どうも私達環境教育に携わる人員の応募が少なく、一週間程前に自然監視員や環境NPO関係に声を掛けたらしいのですが・・・・。
講義自体は、結構面白い話で今後の活動にも役立つ内容でしたが、やはりチョット受講者が少ないのが玉に瑕。
夕方16:30まで講義が有ったのですが、午後は、更に受講者が帰っちゃって最後まで居たのは20名以下(笑)。
明日は、八ヶ岳山麓の清里キープ協会でのフィールドワークなんですが、こちらも未だ受講者を集めているようなのでチョット心配。
更に明後日はC・W・ニコル氏を招いてのシンポジュウムもあります。
いくら環境省登録環境カウンセラー、そして県のエコティーチャーと云った処で、それで糊口を凌いでるワケじゃなく、別に生業が無きゃ暮らして行けるわけもなく、週日はそれに勤しまなきゃなりません。
大体3日も続けて仕事を休めるはずがありません。
そんな事はお構いなしのお役人様、彼らが環境問題を真剣に考えているのかどうか、不安になります。

今夜のBGMは、そんな落ち込んだ気分を治すために、シューマンの全集から昨夜同様二枚目に収録されている残り、交響曲第2番ハ長調作品61です。
同じくジョン・エリオット・ガーディナー指揮、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティークの演奏。
張り付けたYoutube画像は、スイトナー指揮シュターツカペレ・ベルリンの演奏による同曲。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2798-49d8511b


Powered by FC2 Blog