fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


BGMは、ベートーベン作曲ピアノ協奏曲第四番、ピアノ:ウイルヘルム・バックハウス、クレメンス・クラウス指揮ウイーンフィルのレコード、もちろんモノラル録音のもの。この頃のバックハウスの凄い演奏。ウイーンフィルのまさしく本場物の伴奏が好いです。録音も十二分に鑑賞に耐えうるもの。同じウイーンフィルの演奏でも、昨夜のクナのブルックナーに比べ、よりこのベートーベンの四番のピアノ協奏曲の方が繊細で、それでいて重厚に感じるのはどうしてでしょうか。
以前、元気だった頃ベートーベンのピアノコンチェルトやブルックナーのシンフォニーを聴いているときは、大体のんだくれておりましたから、このレコードも第三楽章辺りになると、感極まったりするわけです。これがベートーベンの凄さでしょうか。ブルックナーは、どうしても『さあ、がんばって聴かなくてはならぬ』と上段に構えないと、やって行けないと言うか、お酒が入ると少しメゲルと言うか、そんな気がしていました。病気になって、酒を飲まなくなってから音楽の志向もショスタコービチやヒンデミット等20世紀の曲に傾いています。
でも今夜の二枚目は、英国のバージナル曲集を聴いています。
バージナルは、小型のハープシコードのようです。バージナル、つまりエリザベスⅠ世の頃使われていた楽器のようです。曲目もその頃の物のようです『黄金時代のイギリス鍵盤音楽名曲集』というレコード。
こういう曲を聴いているとなんだか、なんとなくこんな生活を送っていて良いのだろうかと背徳的な気分になります。
バージナル曲集

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/284-113e3087


Powered by FC2 Blog